カテゴリー「猫の庭」の10件の記事

2011年5月21日 (土)

落ち着かない毎日

何をするにもなにやら落ち着かない毎日。

先週は お誘いをいただいて国立演芸場なるところに落語を聞きに行ったのだが どこか神経が緊張していて笑えなかった・・・

歩かねばとひたすら歩いたら膝を傷めたらしく膝が延びない・・・

しなければいけない庭の草むしりに精を出したら 右親指が腱鞘炎っぽい・・・

歳をとるって こういうことか それとも何をするにも度が過ぎるのか(ま 性格的に後者のようだが 笑)

で、溜まった写真を一挙にアップ。

載せそこなって旬を過ぎた庭の花とヤモリの友達カナヘビ君

2011521a

実生のしだれ桃
2011521b
スズラン
2011521c

シラー・カンパニュラタ
2011521d

スミレ

2011521g

藤とクマンバチ
2011521h
ここまでは花はとっくに終わってしまった。今は葉が茂る。

猫の畑と猫の庭、混在~

東側プランターのトマト(たぶんミニ系)

2011521j

隣にはキュウリ君、5センチほどの大きさに
2011521k

東の狭い畑、引いてみればこれしかない。ナス3本・キュウリ2本・ゴーヤー1本・エンドウ豆たぶん15本程・蔓無しインゲン20本・バジル20本。
ぎゅうぎゅう詰めの通勤電車状態だもの立派な収穫は望めるはずもない。
他にプランターに↑のトマト2本・同じくプランターにミツバ15株位。
2011521l

西の畑にはトマト2本(たぶん大玉)・ゴーヤー2本・隣から分けてもらったハヤトウリ1本・朝顔いっぱいとコスモス(この2種は孫が植えた)・ミョウガ。
西の畑の写真は無い。

上を見上げれば柿の花、かなりの花付きの良さ、全部実れば今年は豊作だが・・・
2011521m

足元にはタラのシロツメクサ、消えたかと心配したが健在だった
2011521n

シロツメクサの右にある木をたどって見上げればぶどう棚(巨砲)これまた全部実れば豊作。
2011521o

柿は隣の渋柿に勝手に接ぎ木したので甘い柿がなる。ブドウは隣の敷地に櫓を組んだ。これまた勝手にしている。

ぶどう棚から視線を落とすと水を張ったスチロールの容器にぎっしり生えるセリ

2011521p

このセリも容器を突き破り地面を這って広がり放題である。

実はこのセリ 友人が遺したものを引き受けてから9年目になるのだが毎年GWに初収穫のセリをその友人の仏前に届け、二番収穫から我が家でいただく。
2~3年に一度本数を減らして土を足し冬を越すが、春には容器いっぱいのセリが生える。

外で土いじりをひたすら続ける。

なるべくあれこれ考えないように、それでもどこか緊張は取りきれない。

昨日も 体調を崩した孫の守りでほぼ一日留守にして、家に帰ったらルーターの地震速報が届いていた。
留守の間、ココはこの音できっとまた怖い思いをしたんだろうなぁ。
テレビは消してあったけどルーターは落とせないもんなぁ・・・
あ!?・・・留守なんだからルーターも電源抜けば鳴らないか!
留守番猫は速報が届かなくてもいいもんなぁ 笑

被災地の復興や原発事故の終息の日が一日でも早くきますように。

今も頑張っている小さな命が一つでも多く救われますように。

2011年4月24日 (日)

今日は宵っ張り

早朝 相方は宮城に向かって出かけて行った。

帰ってくるのは明日の夜。

だから今夜は宵っ張り~

私はと言えば久しぶりにちょっとだけお仕事が・・・

車で行けば一時間ほどで着く距離、で往復しても45キロ程なのだが、2~3日前から電車で行こうか車で行こうかとグズグズ悩んでいた。

行く先は荒川の向こう側、いつも車では土手の上の道を時速80キロ近いスピードで走る。

が・・・

対向車とすれ違うたびにブレーキを踏み、お互いが土手ぎりぎりですれ違うような狭い土手道 時々ハンドルを縁に取られて転げ落ちる車もあるらしい。

当然暗くなったときには決して走らない。

万が一、ここを走っている時に大きな地震が来たら車ごと土手から河川敷に転げ落ちる。

土手道を避けてあっちかこっちかの街道筋を走るか、真ん中の元有料道路を走るか。

それじゃあ遠回りになるし渋滞でかなりの時間がかかる。

じゃあ電車はどうなのかと言えば 駅から遠い我が家の場合、駅に着いてから電車三回の乗り換えでやはり1時間程はかかるだろうし、.風が吹いても止まっちゃう武蔵野線にも乗らなきゃいけない。

乗ったことのないニューシャトルなるものにも大宮から乗ってみたい気もするが やっぱり地震でもあれば使う4路線それぞれが止まる事もあるだろうし、閉じ込められて数時間なんて嫌だしなぁ。

考えていてもしょうがない!  いつどこで何があろうとすべては時の運。

で、結局 車でいつも通りの土手道を走った。

今まで前は見ていても全然見ていなかった土手道の表面、もともとしっかりとした舗装がなされていないのでデコボコではあったが 今回気のせいかアスファルトの亀裂が目立つ。

荒川近辺には断層があるし・・・

気を付けてゆっくり走るつもりが 対向車が無ければやっぱり時速80キロ(笑)

さすがに立体交差や荒川に架かる橋、それに高架の道路を走るときはここで地震が来ませんようにと願いながら走った。

行きは約1時間、帰りも日曜日なので5時過ぎに出てもラッシュが無く1時間。

何度か地震はあったものの無事に一日が過ぎた。

そして・・・行った先に居たものは

カメのハナちゃん!

R0010583

 ダックスのサチといっしょに

R0010578

今度は やっぱりダックスのリクと

R0010580

このハナちゃん、大きいのなんのって・・・(カメは他にも居るんだけど)

いや~、カメはいいわ(笑)

家の中にはダックスが二匹、庭にはゴールデンの金次郎が居る。

そしてもう一匹猫のオニちゃんが居たのだが二週間前、18歳で旅立った。

今はリビングで庭に還る日を待っている。

あ いや 遊んでたわけじゃない。

ご自宅でお茶をいただいて、この後ちゃんと事務所に行って仕事をした。

今回の地震、余震が落ち着くのはいつなんだろう・・・

各地で起こる誘発地震はいつまで続くんだろう・・・

大正12年の関東大震災からすでに88年、首都直下の大きな地震は来るのか・・・

すべては神のみぞ知るところ、考えたところで分るわけでも無いと頭では理解していても何やら落ち着かない。

何をするにもどこか頭の隅っこで緊張感が抜けきれず、まとまった事が出来ない毎日。

自分の背中を自分で押して、猫の畑にはキュウリ・トマト・ナスを植えた。

咲き始めた豆の類、本数が少ないので収穫は煮物の彩になる程度(笑)

スナップ(スナック?)エンドウの白い花、冬をちゃんと越した

2011423a

赤いエンドウは、無精して豆苗を食べた後の残った豆を植えてみた

2011423b

どうやらサヤエンドウがいくつか採れそうである。

2011年3月29日 (火)

寒くても春

毎年この時期は花冷えと言われていて気温が低くなくても肌寒いが、今年はなぜか春がなかなかやってこない。

この寒さのなか起きた強い地震。

あれから2週間以上経ったのにまだ時々余震は来るし、揺れてなくても揺れてるような感覚に襲われる。

猫と二人で家にこもって孫の守りをしながらの毎日、今日久々に庭の花をじっくり見る。

遅い春の中早々と咲いたサクランボ、何やら花は小さく今年の収穫は望み薄。

R0010063

啓翁桜はひょろんとした枝に寂しい花、今年は鉢を大きくしないといけないかもしれない。

R0010124

母からの預かり物の沈丁花、小さな鉢に3本植えられていて、これも今年は鉢を分けなければいけない。

R0010066

鉢いっぱいのスズランスイセン、一つ二つちらほら咲き始めた。

R0010117

藤の蕾がすこしづつ膨らみ、ユスラウメもあと数日で咲きそうな気配。

寒いのは気温なのかそれとも心なのか・・・

どこか緊張の糸が張りつめていて、何をするにも中途半端である。



水撒きの中で見つけた虹。 春は好きではないが、今年の春はなぜか待ち遠しい。

R0010108

2011年2月27日 (日)

今日も雑多~

仕事が終わって1週間、溜まった用事に追いかけれれてあっちへウロウロこっちへチョロチョロの毎日。

まずは書かなきゃいけないココの舐めハゲ。

毛皮の再生はほとんど復活したが油断をするとすぐまた舐める。

舐めればあっという間に赤くなる。

孫が来る事はいっときからすれば随分と少なくなった。

孫が来てもチビ二人の間でゴロゴロするようにもなったし、長時間のお留守番もほとんどなくなったし、ストレス対応の猫ごはんもトッピングしてるし。

あとはなんだろうなぁ・・・

足の毛皮をよくよく見てみれば表面上は復活したもののアンダーコートが極端に少なく、透け透けの状態である。これでは舐めればひとたまりもないなぁ・・・

肘の内側はすっかり再生して、もう少しくらい舐めても大丈夫なのに足は追いつかない。

ま もともとサンゴに比べればアンダーコートの少ない どこかひ弱な感じの子猫だった。

そのせいか寒がりでサンゴは滅多に布団に入ってくることはなかったがココはいつも潜り込んで来る。

ん?

アンダーコートが少なくて寒いから布団に潜り込むのか?

それとも潜り込んだせいで暖かかったからアンダーコートが育たなくて少ないのか?

外を歩いている猫がムクムクなのは寒さにさらされているからか?

ココをヘナチョコにしちゃったのは我々か?

なんだかヒヨコが先かニワトリが先かみたいな・・・笑

それでも昼間見ていられるうちはカラーを外し、留守番と夜寝るときだけはまだカラー装着。

ココが視界から外れると追いかけるように見に行く、ほとんどストーカーの様な毎日。

このストーカー行為はココだってトイレや風呂まで追いかけて探しに来るからお互い様ということにしておく。

皮膚科専門動物病院に関してはセンセイと話しをしているが今のところまだ未定。

犬や猫の花粉アレルギーが目や鼻水だけではなく皮膚病に出ることもあるとかで、もしかしたら花粉症の疑いもありとのこと。どうなるやら・・・

次にヤモリの空

裏の原っぱ(駐車場)の向こう側のもう一つ向こう側に3階建ての建物が建った。

おかげでゴーヤーの窓の向こう側の空が狭くなってうっとおしい。

裏の駐車場のもう一つ向こう側の駐車場の奥にあった畑が草ぼうぼうの原っぱになって、孫たちにはいい遊び場だったし、ちょっと広くなった畑道は雨が降れば長~い水たまりができて、最近では珍しくドロドロ遊びができた。

が、昨年秋 突然工事が始まって 原っぱが整地され道も整備され、とうとう3階建ての建物が出来上がってしまった。

227b

原っぱは建物の下になり、空が狭くなって窓が息苦しい。

とはいうものの この建物、この春開園の保育園なのである。

11月に申し込みをした孫のチビの方が4月から通う事になった。

ここなら何かあればすぐに迎えに行かれる、ありがたい事この上ない。

一昨年は様々な条件が揃わず、保育園の確保ができなくてとうとう1年間幼稚園に通っていたがこの春からは大きい方の孫が小学校、下のが保育園。

二人が幼稚園だった今までの一年から、上が学童保育と下が保育園となれば毎月の出費の差は大きくてほぼ九割の負担減。

小学校と保育園なら仕事の時間も増やせるし、婆ちゃんとしても やれやれ である。

役所でもまさか婆ちゃん家が隣に住んでるなんて思いもしなかっただろうなぁ。




今度は猫の畑

ものすごく出遅れた小松菜。

227c

ビニールをかけたトンネルの中で育っているが、撒いたのが遅かったのでまだ7センチに満たない。

どうやら大きくなる前に塔が立ってしまいそうな気配。



猫の庭

今年はどうしたわけかやたら花付きのいいクリスマスローズ。これで三分の一程。

227d

早くもつぼみが黄色く膨らんで来たカロライナジャスミン。

227e

暮れあたりから蕾は膨らみ始めたがこのまま5月まで行くのか、それとも咲くのか。

寒い冬と言われていても案外暖かいのかもしれない。



おまけ~

今月初めにインフルエンザA香港型にかかって貰ったリレンザ。

227f

容器にセットして穴をあけ、朝2回、夜2回スホーッと吸い込む。

1シートで一日分。

無味無臭、気管に吸い込んでもむせることも無いので本当に吸い込めたという実感も無し。

それでも一晩で熱は下がって楽になった。

ありがたいような、つまらないような。

今は咳だけが残ってなかなか治まらないが、それなりに元気回復。


孫二人と娘とわたし、かれこれ2週間のインフル休業で、仕事の終わりが3月にずれ込むかと心配していたが20日までに片付いた(ま 頑張ったんだけど 笑)。

入力データの少なさに世の中の不景気を実感。

仕事が終わってほっとしたら嬉しいような寂しいような。

なんか面白いことないかな~

2010年9月24日 (金)

相変わらずの雑多

前回の記事から2週間経って、やっぱり雑多。

いつになったらこまめに更新できるようになるのか(ならないかもなぁ・・・)

最初はパソコン

8日のコメントに返事を書いていて絵文字の表記がおかしい事に気づいた。

いつも頭には猫の絵文字を入れていたのだが、猫の絵文字をクリックすると月が付く。

何度やっても月が付く。

なんでだろ~?その場は仕方なく月の絵文字が付いたままで返事を書いた。

その後コツコツチェックしてみたら絵文字とタグがずれていて一番右端にはタグが乗ってない。

その乗ってないタグが次の段の頭にくるから絵文字を選択すると2段目で1つずれ、3段目で2つずれ・・・・・猫の場所まで来ると段数分後のメールの絵文字にやっと「CAT」のタグ表示が現れるといった具合。じゃあ、最期の方のタグはどこにあるのかと探してみたら絵文字がなくなって白紙の部分に並んでいた。

なんで?・・・・・

これはなんとも分からない、@niftyに問い合わせてみた。

帰ってきた答えは「ブラウザの標準化」。やっぱり、そう言われると思ってた。

やってみたさ、いつだってそう言われるんだもの。

その後何度かのメールのやりとりで あれをしろこれをしろと色々言ってくるが、終いにはセキュリティソフトを停止しろと、ただしお客様の責任の範囲でと・・・ヤダよ!

いいもん、猫を選ぶときにメールの絵文字を選べばいいだけだもんね、確認して「CAT」のタグが乗ってるものを選べばいいんだもん。

そのまま放っておいた。

そして今日、確認したら正常になっていた。何をした訳でもない、原因はたぶんIE8のブラウザ。

おかしくなる前に妙に重いアップデートがかかってたし、正常に戻る数日前にも重いアップデートがかかってた。マイクロソフト、何送ってくるんだろう?アップデートの度に調子がおかしくなるのはかなわん。

特に関係は無いがXPのサポートが近いうちに終わるとか、7にしようかどうしようか。

7にするとなれば今のままだとちょっと足りない部分も出てきそうで、PC作り直しだもん迷うなぁ・・・

猫の庭と畑

この夏は色々枯れた。

キングサリ・畑わさび・ライラック。

キュウリ・トマトも不作、ポマトはトマトもポテトも不作、ゴーヤも不作。

収穫できたのはインゲン類。

ハヤトウリは今のところびっくりするほどの成長で、網を登り屋根を超え、つかまる網がなくなったのでそのまま折り返しきて、今度は地面を這い始めた。まだ花は出てこない。

Dsc_0398

怪しいのが啓翁桜・リンゴ・いちご・オランダカイウ(白色カラー)

元気なのはハーブ類、要らないんだけどなぁ。




若様ココっちん、ハゲのガビガビはないものの一向に毛皮が再生せずうっかり目を離すと数分で元の木阿弥。

見ていられる時にはカラーを外し、出かけるときと夜寝るときはまだカラー装着。

いつになったら毛皮が生えるのか・・・

急に寒くなってココっちんだけホカペの上。

人間は・・・我慢!

2010年9月 8日 (水)

再び雑多~♪

夏休みが終わり2学期が始まってから早1週間。

毎日のように35度~37度の猛暑が続いたこの夏、エアコンのスイッチを切れない日が何日続いたんだろう。24時間入れっぱなしのエアコン、設定は25度。

それでも平屋の我が家、屋根からの熱で家の中は34℃から下がらない。でも足元だけは冷える。

これでは我が家の若様ココっちんには良く無いだろうと窓を少し開けたままで扇風機3台で家中の空気をかき回す。

時々涼しい風は吹いてくるが、とてもパソコンを立ち上げる元気は無く・・・

いつもならつけっ放しのテレビでさえ発する熱が暑くて消している事も多かった。

部屋の電気まで消してココっちんと篭る。

あまり静かなのも居心地が悪くCDをかけて音だけは出す。(これだって熱は出してるけど)

昼寝

;

流れているのは南極の氷を音源にしていると言う「Freezing dew」氷の音楽。

窓からの風は熱風に近いが気分だけは涼しいつもり(^-^)

この時のココっちんは右肘のハゲにチューブを巻き、左の脇に結び目を作って止めてあったが。その後舐めて糸を引いてしまうのでまたエリカラ装着。

1071

このエリカラ、新しいものは首周りの素材が柔らかいものに改良されていた。

右の白いのが古いタイプ。

1071c

外周に巻いた物は相変わらずのビニールクッションテープである。

猫の庭は連日の暑さと乾燥で先ずライラックが枯れ、キングサリが枯れ・・・

毎日小一時間かけて水撒きをしたにもかかわらず である。

鉢物に気を取られて地植えの方まで気が付かなかった。地植えも今年みたいな夏にはもっとたっぷり水が必要だったのかも知れない。(ま、 しょうがない)

そして、気がついた枝豆の点(しつこいけど)

231

点があるのだ!これは茹でただけのもの。丸く凹みがある。ここにポン酢が染み込むと色が濃くなって点が浮き出る。(だからといって謎が解けた訳でもなく・・・笑)

次は可愛いけど変なもの

Dscn3614

これなんだと思う?新宿の駅近辺で配っていたもの(と言えば想像はつくよね)

そう、ポケットティッシュ。 某サラ金さんの宣伝だった。

黒いティッシュって どうなんだろ~

これはココっちんの友達、ヤモリのヤモ君
Dscn3625

夜になると台所のガラスにくっついて、灯りに向かって集まる虫を食べる。

その動きが気になって、大騒ぎの若様ココっちん。(絶対獲れないのに 笑)

なんだか本当に雑多な内容、最期はこれ、電動バリカンをGET!

Dscn3615

この夏、あまりに暑くて髪をベリーショートにした。そろそろ伸びても来たし美容院に行かねばと思っていたところにカタログギフトを貰ったので電動のバリカンを頼む事にした。

ほんの数日で送られてきたバリカン。

このバリカンで自分の頭を刈ってみた。頭頂部は30ミリ、サイドと後ろは10ミリ。

ほとんど中学生の野球少年。イガグリになった。

汗をかいたら水をかぶって頭をブンブンと振ればすぐ乾く。

実に快適!

少しの虎刈りなんて帽子をかぶれば大丈夫さ!

だいいち、だれも婆ちゃんの頭なんか見ちゃいない(爆)

今日は台風の影響で室温25度、湿度は75パーセント。

パソコンの出す熱も気にならない。

ただし、本格的な秋はまだまだ後になるらしい。

もう少しの間 辛抱 辛抱・・・・・かな~

2010年5月14日 (金)

猫の庭と猫の畑

なにやらワタワタしている間に通り過ぎていったGW。

その間に藤が咲き

D32

クマンバチ君がせっせとお仕事にいそしみ

D42

さくらんぼが実り(もう今は熟して食べてしまった 笑)

D66

Dsc_0141a

花桃、菊桃、シラー・カンパニュラタ、オオデマリ、シャクナゲ、スズラン等々様々な花が咲き

D1

Dsc_0152

Dsc_0136

D72 

そして終わった。

今あるものはそろそろ赤くなり始めたいちご(まだ花の頃の写真)

D34

これから咲く梅花ウツギ

D49

咲き始めのシラー・ぺルビアナ

Dsc_0142

そしてあとは、シラン、タツナミソウ白・紫、カラー白(オランダカイウ)、黄色い蔓バラ、カロライナジャスミン、ラベンダー

あと数日で咲くと思われるホタルブクロの 白・赤紫・青

やっと芽吹いたのはカラーの黄花(キバナカイウ)と桃色(モモイロカイウ)

そしてそして やっと形が出来た猫の畑 

東側の広げた畑には大玉トマト・中玉トマト・ミニトマト(チョコレート)、手前には何故かパプリカ 白・赤・緑

P514e

はみ出してしまったミニトマト(黄・赤長)はプランター

P514

もう一本はみ出してしまった普通のミニトマトは鉢植えに

P514b

壁の塗装が秋に延期になったので西の畑も出来上がり

先ずはハヤトウリ

P514d

キュウリ

P514c

やっぱりゴーヤー(笑) 今年はスーパーゴーヤー(何がスーパー?)2本と白ゴーヤーを2本植えてみた

P5141399 P511

今年の変り種はポマト(タイプミスではない)ポテトとトマト両方とれるって、本当かなぁ・・・

P514f_2 

収穫の時期が楽しみである。

2010年5月 7日 (金)

GWようやく終了~

忙しいだけのGW(我が家では昨日 6日まで)がやっと終了。

今年は珍しく5月5日の一日だけ友達の家に出かけ、その近くにある箭弓稲荷神社の牡丹祭りを見に行ってきた。

ピ~カンのバカ暑い中、牡丹祭りと言ってもほとんどの牡丹は終わっていて、躑躅と藤。

細かい説明を書く余裕もなく写真だけ並べてみる。

P5050181
P5050166
P5050174
P5050177

そして今日は近所の幼稚園で1ヶ月遅れの花祭り。

お釈迦様を乗せた象さんの車を子供たちが引きながら、ほら貝の音とともに近づいてきて、我が子の写真撮りに夢中になったお母さんたちの後姿とともに去ってゆく。

Dsc_0104
Dsc_0113
Dsc_0117
Dsc_0134

そして我が家の若様ココっちん、治りかけては悪化する舐めハゲに振り回され とうとうエリカラ常着となる。

このエリカラは19歳10ヶ月で旅立った友猫さんの遺品をありがたく頂いた。

56

やっと過ぎていったゴールデンウィーク、撮りためた猫の庭の写真も載せるタイミングをすっかり逃がしてしまって・・・

「エリカラレポート」と「猫の庭」、苗を買ってきて置きっぱなしにしてあるキュウリにトマト、ゴーヤーにパプリカの「猫の畑」、明日は晴れらしい 急いでやらねば・・・・・

2009年10月 7日 (水)

今はもう秋

なにやら落ち込んだ気分のまま あっと言う間に時が過ぎてもう10月。

新しいテレビで相変わらずアナログ番組を見て、新しい冷蔵庫の今までと違う高さの野菜室の引き出しに足を挟まれて痣を作り、おまけにいつもの医者で精密検査にひっかかり、両腕に採血やら静脈注射の出血で紫色の痣を4ヵ所作った。(注射針で痣が出来たのなんて、すごーく久しぶり)

危ない中毒みたいで半袖は着られない。

腕の痣を写真に撮って見たが気持ちが悪くて載せられない(爆)

今までテレビの上に乗っていたパピーとサンゴとタラの居場所が無くなったのでテレビラックの背の高いものを買い込み1人でコツコツ組み立てる事2時間、手のひらには久しぶりにドライバーマメが出来た。

作ってしまってから説明書を読んだら最期の方に組み立ては2人以上で電動のドライバーが良いと書いてあった。なにやら妙に重いと思っていたらなんと重量は39キロあるらしい。説明書を読まないからなぁ・・・

それでもちゃんと収めたいものが収まるところに収まったわけで、終わりよければ何でもいいさ~

Dscn2659

猫の庭、今はこれといって咲き誇る花は無く、コムラサキが紫色に色づいた。

Pa030380

赤いヒガンバナが終わって、今は黄色いヒガンバナと紅白のミズヒキ

Dsc_0010

そして・・・   これ  な~んだ

Pa030372

花はこれ

Pa030366

根元の実とあわせても2センチに満たない 目立たない花。

毎年 隣のうちから侵入してくるハヤトウリ。実際に見ないと分からないかも知れないが、この蔓、とてつもなく延びる。

隣でも気を使ってくれるのか庭の中でも我が家から一番遠い畑に植えるのだが庭を超え、大きな木を超え我が家の庭に侵入してくる。その距離およそ15メートル以上、葉の大きさはキュウリを一回り大きくしたくらい。

あまりに伸びると隣のおばちゃんが我が家に侵略した蔓を切りに来るが、我が家では面白いから大歓迎なのである。

今年は花が遅いのかと心配していたが突然花が咲き始め、小さな実があちこちで下がり始めた。

まだまだ小さいハヤトウリ、大きくなったら勝手に頂く(笑)

漬物に良し 炒め物にも良し。

特に癖は無くシャリシャリした食感のみ。

そして我が家の若様ココっちん、室温20度は寒いらしく膝の上から離れない。

仕方が無いからいつものPC上の棚にはミニホカペの出番となった。

Dscn2660

老猫一年生の若い爺さん猫、大事にせねば(^-^)

寒さに強いはずの自分自身も歳のせいか なにやら寒い。

タンクトップに薄い木綿のブラウス一枚、こういうのを年寄りの冷や水って言うのか?

衣替え、めんどくさいけどそろそろ入れ替えしなくっちゃ(晴れたらね 笑)

久々の強い台風が来るらしい。

朝起きたら屋根が無かった!

な~んてことになりませんように(願)

 

2009年3月10日 (火)

春が来た

猫の庭にも春が来た

啓翁桜の蕾がふくらみ

Dscn1829

気の早い雪柳が咲き始め

Dscn1831

去年買った畑わさびも花をつけた

Dscn1826

さくらんぼの蕾にはもうアブラムシ、去年豊作だったためか今年の花数は少ない

Dscn1838

サンゴの水仙は今年もたくさんの花を咲かせた

Rscn1839

タラのシロツメクサは相方が雑草だと思ったらしく抜かれてしまった

慌てて拾って植え替えたが、今年はどうだろう

6月に咲くはずのカロライナジャスミンは暖冬の影響で冬の間に蕾が出て2月半ばから咲き始めているし、ラベンダーは冬の間もずっと咲き続けていた

ソメイヨシノの開花予想日まであと2週間

猫の畑も今年は早く動き出さないといけないのかもしれない