« ヤモリ 日々は徒然? | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2014年3月 8日 (土)

猫と縁と都市伝説

預かりっ子3にゃん目の千寿に新しい家族ができました

予定では明日9日に銀座の譲渡会に参加するはずでしたが

一昨日 急転直下の展開で赤い糸が繋がりました

応援いただいた皆様には本当に感謝いたします

ありがとうございました

振り返れば不思議な不思議な猫と人との縁・・・

そもそもの発端は もう20年近くも前になりますが

娘がバイトをしていた先の猫タラちゃんと 近所にやってくる野猫を同じ猫と勘違いして

タラちゃんと呼び始めた事からはじまりました

バイト先のタラちゃんが、ある日お気に入りの座布団の上で眠るように旅立ったと

その後も相変わらず我が家にきていた野猫

そこで猫違いに気づいたものの

もうすでにタラちゃんと呼んでしまっていて

すっかりタラちゃんになってしまった野猫

それがヤモリ家のサンゴとココの母猫タラです

14年ほど前にヤモリ家の庭で子供を産んで育てていたタラに避妊手術をしてリリースし、子供3匹のうち茶白は里子に行ってみーちゃんになり、残った二匹をうちの子にしました。

サンゴが6歳で旅立って、遺した療法食が縁でたくさんの猫友と知り合うことになり 一昨年ココを亡くしてからは本当に随分助けられました。

この「ご縁」で福島の猫を預からせてもらうようになって、今 ヤモリ家を通り過ぎる猫たちを嬉しい幸せに向けて送り出すことができるようになりました。

昼間一人の寂しい毎日の中、福島からの猫を預かってもいいと言ってもらえたことは本当にありがたいことでした。

1にゃん目
昨年4月にやってきたモコ改め寅之亟君(寅ちゃん) 5ヶ月半の預かりの後、新しい家族に出会えました。今は若様になって 毎日寅母さんの帰りを玄関で待っているそうです。

2にゃん目
6月に寅ちゃんがまだ居たところにやってきて 同居預かりっ子の麻呂改めマロさん、なんと預かり4日目に参加した初めての譲渡会であっさりと家族に巡り合い たった一週間の預かりで幸せに向かって走って行きました。幸せがあふれる見本のようにふくふくと育ち、相変わらず座ったままの寝姿でご家族の癒し担当を引き受けています。

そして3にゃん目
昨年12月に預かった千寿(ちーちゃん)、三月九日の譲渡会を目の前にしてなんと一昨日 自分で赤い縄を手繰り寄せ、がっちり幸せを掴みました。

先住猫の居ないヤモリ家では千寿の本当の姿を見つけてやる事ができず、短期でお願いした3件目の預かりさん宅で まったく違った一面を見せてくれた千寿。
お兄ちゃんのハートをがっちりと鷲掴みにして・・・(^-^)

九日の譲渡会では自信を持って勧める事ができると 搬送の打ち合わせをしていたところにお兄ちゃんの決断で スポッと家族に迎え入れてもらえました。

先住猫さんと仲良しになれるのはもう少し先になりそうですが、いつかはきっと猫団子を見せてくれると信じています。

ヤモリ家で預かった猫たちに限らず、ヒトも猫もまるで前から決まっていたかのような不思議なご縁が網目のように繋がっていて、それは猫だけでなく 猫で繋がらなくて犬で助けられた事があったり、以前の猫では繋がらなかったけれど今回の猫で思いがけず繋がったり、話してみたらヒトの縁も遠くで繋がっていたり。

猫神様の采配や猫配置適正委員会の手配は まったくもって人間の力の及ばないところで大きく動いているようです。

すべては「縁」のなせる業と言うか、不思議な 不思議な 「ご縁」というもの。

そして、仲間内でささやかれている この都市伝説

 「人間が猫を選ぶと思っているけれど、本当は猫が人間を選んでいる」 と 

 

信じるか信じないかは あなた次第  

« ヤモリ 日々は徒然? | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

え?都市伝説なの?私はこれこそ真理だと信じております。私がどんなに恋い焦れてても長居できない子もいれば、他の子の里親になって連れ帰る途中に摘んじゃって居座っちゃう子もいるし。人間の思惑なんてまったく関係なく、適正配置委員会と猫神様の言う通りに事は運ぶのだと思っております。

薫さん おひさで~す♪

そりゃあね、真理よ、真理だけどさ、猫神様も適正配置委員会も
どこにって言われりゃ確固たる物がみあたらないからさぁ・・・
都市伝説って言うしかなかろう?
って・・・  何を 真面目に答えてるんだろ(笑)

すべては神のみぞ知るところ。
生まれ持った命の長さは誰にも分からない。
出会うも別れるもすべてはね・・・

お互いにジェットコースターの種を拾っているようなところも
あるからね。
でもそれが自分だから そう生きていく(笑)

詩ふたつ   まだ心は融けな~い!!(笑)

                      ばあば

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤモリ 日々は徒然? | トップページ | 梅雨の晴れ間に »