« モコ 最終報告 | トップページ | 堂々巡りと原点回帰 »

2013年11月13日 (水)

試写会に行ってきた

前の記事からもう一ヶ月、書きかけた記事もいくつかあるのだけれど、アップできずに すっかり旬を逃してしまって 結局削除した(笑)

今回は旬を逃す前にと思いつつもやっぱり数日は経過(爆)

11月23日の一般公開を前に「かぐや姫の物語」の試写を観てきた。

どんな話って かぐや姫そのもの。

御伽噺としてのかぐや姫は知ってたし古典としての竹取物語も知ってた。

知ってたけど それで何を伝えたいのかなんて 子供の頃や若い頃は考えた事も無かった。

で、今回何かを感じたのかって? もうこの歳になるとこの映画の伝えたいことは分かる。

言われなくても身に染みて分かる(^-^)

映画のことは細かく書いちゃいけないだろうと思うから書かないけど・・・

姫の父、翁の声優が昨年亡くなられたちいちいの地井さんで少し嬉しかったし、橋爪功さんが声を担当したアニメのキャラと顔がそっくりで笑えた。

姫が月に帰る場面には???が残ったものの全体としてはもう一度観てもいいかな。

と言うより、落ち着いてもう一度観に行こうと思う。

                          

今回の入場無料の招待試写会、開催は平日である。

137分という長いアニメで上映開始が夜7時からとなれば家に帰り着くのは遅くなる。

にも関わらず、見るからに小学校低学年の子共連れの多いこと。

子供だけのグループも見かける。

明日は学校だよねぇ・・・

そして、大量のポップコーンとコーラが視界を横切る。

まさかそれが晩御飯なんて事ないよね・・・

婆さんヤモリが古いのか?

今の世の中、こんなのも有りか?

夜の10時に子供が外に居ていいのか?

映画を観ながら隣のお姉さんのコーラを飲み込むグビッグビッの音が気になる2時間17分。

エンドロールが流れ始めたとたんに席を立って歩き出す迷惑な人もたくさん。

あ~あ、愚痴ばっかり。

たまに人ごみに出るたびに目に付くこんな状況。

だから年寄りは嫌がられるのか(笑)

でもさぁ ちゃんとしようよ 日本人!

と言いながら、芝居を観に出かけては途中で抜け出す婆さんだから説得力は無いな。

こりゃまた 失礼いたしました~(と 自分で突っこんでおくが これも古い 笑)

« モコ 最終報告 | トップページ | 堂々巡りと原点回帰 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モコ 最終報告 | トップページ | 堂々巡りと原点回帰 »