« マロ3日目 | トップページ | 最後の作業 »

2013年6月13日 (木)

マロ トライアルに

預かりっ子マロ 今日からトライアルに入るためのお届けだった。

朝から雨が降る中、マロを抱えて電車に乗った。

最近電車に乗ることが多いなぁ、それも猫連れで(笑)

マロが家に来たのが先週の水曜日、この1週間 朝に夕に通って来る下の娘。

昨日の夜は上の娘が仕事帰りにマロにお別れを言いに寄った。

最近は「でっかい奴」のシャーも全く無くなってのんびりできていたマロ。

Dsc_1985

こうしてマロ部屋から出して遊んでいても平和な時間。

もう少し時間があったら「でっかい奴」とも折り合えたかも知れない。

が、何はともあれ マロの本当の家族候補に出会えたわけで あとはマロの頑張りに期待する。

今日うかがったお家は ん~・・・何と言ったらいいか まるでリゾート地のペンションのようなおっされ~なマンションで 外廊下(って言うのか?)も 雨も風も入らないから玄関前までまったく濡れずにいけるの。

それにベランダの網戸に鍵が付いてるの、網戸によ。

鍵付き網戸、初めて見た!我が家なんか 相方に文句を言われながら網戸の外れ防止に外側をテープで固定してあるんだもん。

ん?脱線した・・・

マロの話しだよねぇ(笑)

マロ キャリーから出した途端に先ずは探検とばかり、家中を歩き回っては戻ってきてお姉さん達にゴッツンスリスリして、持参したカリカリご飯を食べて また歩き回っては戻ってきて・・・

Dscn1172

不思議なご縁の話(いや 猫のご縁もね)に夢中の人間達をよそに ふと気がつくと、用意してくれた立派なトイレでしっこ。

あぁ~慌ててカメラを出したら間に合わなくて またボケボケ写真(笑)

Dscn1167

教えてないのにマロ あっぱれ! 君はえらいね~

今回はマロの匂いの付いた猫砂は持参していない、今まで使ってたトイレとは色も形も砂も違うのに なんでこれが自分用のトイレってわかったんだろう? しっこの後はちゃんと奥から回って砂落しの所を通って出てきた(笑)

このトイレ、今はフードを持ち上げてあるが、フードを下ろせばパタパタの入り口から入り、用を足したら砂落しの上を通ってまたそのパタパタをくぐって出てくる構造になっている。

なるほど これなら砂が飛び散らなくて素敵。

そのうちどこかに歩いて行ったかと思ったら静かになって・・・

探したら洗面所の床で寝ていた。

この床も夏場の猫の居場所に最適そうな床で、さすがペット可のデザイナーズマンション マロの居心地は満点だと思われる。

よかったね~マロ このご縁をがっちり掴んで幸せになるんだよ。

この赤い糸、体中に巻きつけて暮らすんだよ。

« マロ3日目 | トップページ | 最後の作業 »

預かりっ子」カテゴリの記事

コメント

ばあばさん、お疲れ様でした。
マロちゃん、健康で幸せに暮らせますように。

ばあば様、

梅雨の雨の中、猫連れで本当にお疲れさまでした。

福猫預かり日誌で麻呂ちゃんのトライアルが縁あって決まった話を読ませて頂いていて、早速決まってすごい!と喜んでいました。

お疲れの中、お届けの様子もアップして下さり、本当にありがとうございます。麻呂ちゃんの沢山の写真もどれも可愛い。 一番可愛いのはやはりばあば様の家でとったお尻をあげている写真ですね。

でも里親様宅に慣れて、その家の王様として愛されてほしいです。

これで、ばあば様の家の王様(=モコちゃん)もばあば様達を独占できますね。   モコちゃんにも良いご縁がありますように。

いつもお返事を頂いて恐縮しています。 今日はお疲れでしょうし、お返事本当に不要です。 良かったね!って喜びを伝えたかっただけなので、、、、 

ばあば様たちの赤糸つなぎ、すごいです。 私は今はペット不可の住居なので、福猫舎にできる限りこれからも支援をして行きたいと思っています(実はあの後も猫のものを見るのが楽しくなって、猫餌をちょっぴりですが贈りました。)

では、おやすみなさい、、、 

パンジーさん
ありがとうございます。
ホッとしました。
マロが自力で赤い糸をしっかり結べるように
これからのにゃん生を幸せに過ごせるように
心から願っています。

赤茶のトラさん
マロは5キロ弱なんですが結構堪えました(笑)
雨でなければキャリーカートを引いて歩くのですが
雨だとねぇ、結局キャリーを肩にかけて歩きました。

まだまだ体力は大丈夫だと思っていましたが
よる年波には勝てないようで(笑)

これから暑くなると猫の移動も可哀想で
いろいろ試行錯誤しながらやっていきます(笑)

そのうち改造カートの写真も載せますね
笑ってください(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マロ3日目 | トップページ | 最後の作業 »