« バタバタの日々 | トップページ | ワイヤレスって・・・ »

2013年3月31日 (日)

猫のぬくもりと引き換えに

姑の手術は無事に済み、翌日からはどんどん動けと医者からの指示。

が・・・ 頑固者の年寄り、言うことなんぞ聞ききゃあしない。

食べ物が出ないから腹が減って動けないそうだ(笑)

今の所まだ鼻から胃まで入れてあるドレンが外れないので口からの水も食べ物も もう少しの間 お預けになっている。

今日は可愛い可愛い「ひ孫」を病院に派遣した さあ婆ちゃん、歩け!

これで食べられるようになれば退院となる(と思われる)。

この先 そうは長くないと思われる余生、思うように暮らしたらいい。

ま もともと頑固で我侭な姑 誰に言われなくても好きに暮らすだろう(笑)

こう書くと 元気な年よりのように聞こえるだろうが、やはり歳は歳、今回の賭けのような処置から どれだけ回復に向かうか 神のみぞ知るところ。

かなり難しいことは確かである。

そんなこんなで外出の多い今日この頃、留守番の心配をしなくてもいいことに少しだけホッとしている。

猫と暮らすようになってから13年、玄関の鍵をかけて留守にすることは無かった。

万が一留守の間に何かあったら猫を逃がしてほしいとお向かいの家に頼んであったし、暑い・寒いを猫なりに過ごせるように一部の窓を開けてエアコン稼動しっぱなし。

 もちろんテレビは点けっぱなしの外出だった。

(昨年の冬と比べると今年の冬は、ホカペは切る・テレビは消す・エアコンも止めるで電気代は26%の減)

それでも ヤモリを探してはいないか・手や足を舐めていないか・怖い思いや痛い思いをしていないか・トイレや風呂場の前で待ってはいないかと 頭の隅では「母やーん」と呼ぶココの声が聞こえるような気がする外出だった。

今 玄関に鍵をかけ窓を閉めて出かける。

昨日などは夕食の支度をしかけて急に病院に出かけ 帰って来たらまな板の上に切りかけたベーコンが出しっぱなしになっていた・・・

ココっちんがいたら危なかった、気の緩みに気をつけなければ(笑)

猫のぬくもりと引き換えに毎日の緊張感が薄れ 老人力が増した気がする。

今晩、先日亡くなった友人のお通夜に行ってきた。

随分と日数が空いてからの葬儀、どうやら斎場が空いてなかったらしい。

この時期 亡くなる人が多いのかなぁ・・・

満開の桜の下  ちょっと羨ましい。

« バタバタの日々 | トップページ | ワイヤレスって・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バタバタの日々 | トップページ | ワイヤレスって・・・ »