« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の1件の記事

2011年6月28日 (火)

当たるも八卦と言うけれど

当たらぬも八卦とも言う。

友人の訃報が届いた。

昨年末に突然ご主人を亡くした彼女、体調は万全では無かったもののつい3週間前に長電話をしたばかりである。


彼女には信じている占い師があって、何か決断が必要な時には必ずお伺いをたてていた。

例えば引っ越し、方角・日取り(これは気にする人も結構多いかもしれないが)

車にいたっては、色・形・買うディーラーの方角・契約の日・納車日と時間その他諸々。


そうして昨年秋に車を買った。

3か月後、1000キロ点検を前にご主人は旅立ってしまった。

その後一人娘の嫁ぎ先から電車で一駅の場所へと引っ越し、これでゆっくり生活できるかと思っていた。

もちろんこの引っ越しだってちゃんとお伺いをたて、「この決断であなたは幸せになれます。」とお墨付きをもらっての事だった。

幸せになるために彼女は40年近く暮らした埼玉県から千葉県へと生活の場を移したのである。

それから僅か2か月で彼女は旅立った。

これが彼女の幸せってことか?

これが彼女の望んだことか?

妙に逝き急いだ彼女、空の上でご主人と会い 虹の橋で愛犬のチビに会い 今頃は幸せなんだろうか・・・

遠く九州あたりの占い師らしいが、会えるものなら聞いてみたい。

私自身は罰当たり人間で、占いなんぞ信じない。

神はきっと居るんだろうと思ってはいる。

ただ、その神は決まった宗教にだけ居るものではなく もっと大きなものでもっともっと高いところから我々を見ているんだろう。

そして我々人間が何をどうするのかをしっかり見きわめているのだろう。

しかし、その神が占い師なる人間を介して神の意志を伝えるなんてありえないと思っている。


・宗教団体なのか政治団体なのかよくわからない某宗教、時々新聞が投かんされていて体験談なるものが書いてあるが・・・ やめようと思ったら病気になって、思いとどまったら治ったって。

・キリスト教だと名乗っていて、死んだあと復活するって。永遠の命を得て動物も人間も仲良く争いごとのない世界で暮らせるって。

・数日の講習を受けてペンダントを授かればもう人様に手をかざせるって。

・宇宙のエネルギーを受けて体のバランスを整えるCDを聞いただけでその力を得られるって。


宗教なのかそうでないのか・・・

そもそも宗教って何なのか・・・

ま 無宗教 無信心 罰当たりの私にはよく分からない。

わたしにとっての神は「御天道様」。

誰も見ていなくてもきっとおてんとうさまが見ている。

そしていつでも「こいつはばかだなぁ。」と笑っているに違いない。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »