« 秋の収穫 | トップページ | ハヤトウリその後 »

2010年11月15日 (月)

富士山五合目に

行って来た、それも午後から。

昨日は母をつれてどこか気分転換に出かけようかと昼過ぎに迎えに行き、施設出発は1時半。

高速に乗って走りながら「まっすぐ行けば新潟方面」「藤岡から左に分岐すれば長野・軽井沢方面」「まあ圏央道から富士にも向かえるけど」なんて会話をしていたら母が一言「富士山に行きたい」と。

しまった!まさか言うとは思わずに口にした富士山。

言っちゃったんだからしょうがない。それならと圏央道に入り富士に向かう。

談合坂パーキングでトイレ休憩を取り、五合目到着は3時半。

二時間でここまで来られるなんて高速道路はありがたい。

本当は施設に帰着時間が5時半なのでウロウロする時間は無いのだが、せっかくここまで来ちゃったもの、トンボ帰りはもったいない。

さすがに外気温は7度、寒いが着る物は持っていたので車椅子を出し、母には自分の帽子をかぶせて五合目のみやげ物やをウロウロする。

母がお土産を買うというので、特に変わったものとも思えない饅頭を二箱、1300円也。

レジに並び、細かいのが無いのでと5千円札を出したらレジのおじちゃんがニコニコしながら「お釣りを要らないって言うお客さんもいるんだよね~」と。

こりゃ面白いぞ、そっちがそう言うならこちらだって言わなくっちゃ。

「私はお釣りが要らないなんて言いませんよ~、それより 車椅子の母をここまで連れてきた親孝行娘なんだから小さい箱を一つおまけなんてことありません?」と私。

お互いにあはははと笑って分かれた。

こんな会話が楽しいな~

が・・・帰らねばならないなぁと駐車場の車に向かったところで目に入った「富士山メロンパン」の文字。

相方は買って来いという。(私、メロンパンは嫌いなんだよなぁ)

買いに行ったら 今、窯に入れたから焼き上がりは4時10分だという。

しょうがない、二人を車に待たせ焼き上がりを待った。

「富士山メロンパン」

Pb140006

窯から出した山型のパンにお兄さんがココアパウダーを振り、粉砂糖を振って出来上がり。1個250円也(高っ・笑)

4個買って1個を車で三人で分けて食べ3個は孫にお持ち帰り。

焼き立てで暖かく裾野の方はカリカリしていたが味は普通のメロンパンだった。

五合目出発は4時20分、もう絶対5時半の帰着はありえない。

スバルラインを下りながら施設に電話をかけるも圏外で通じない。

下界に下り、中央道に乗ったところで電話を入れ、5時半は帰れないので食事は済ませて7時頃には戻れると伝えた。

が・・・・・・・

途中から渋滞で車はまったく動かず。

交通情報では小仏トンネルまで事故渋滞で2時間以上掛かるとか。

再度施設に電話を入れ7時も無理そうで消灯の9時までには何とか帰りたいと伝える。

その後、渋滞で止まっていたくない相方は下道に下りると言って甲州街道に下りひたすら走る。(高速でいいのに、待ってりゃいいのに・・・)

甲州街道は懐かしい。昔はよく走った(ここしかなかったもん)

ところが甲州街道を走って八王子辺りまで来たところで圏央道の乗り口にたどり着かない。

ナビは中央道に戻そうと案内をする。設定を一般道に変えると今度は八王子市内へ向かわせる。

違うよ、圏央道に乗りたいの!などとナビと喧嘩をしながらやたら遠回りしてたどり着いたのが「あきるのインター」

途中で一度交番のおまわりさんに道を聞いたらとんでもない獣道みたいな道を教えられ、これも無駄骨だった。

そんなこんなで施設に母を送り届けたのは9時半近く。

暖かく「おかえりなさ~い」と言ってはもらえたものの、申し訳ない思いでいっぱいだった。

帰るときに母が一言「今度は日本海を見たいな~」と。

日本海!?婆ちゃん、日本海は行くだけで3時間掛かるよ。

今年はもう冬だから 春になって陽が延びてからだな~

なんだか疲れた一日だった。

« 秋の収穫 | トップページ | ハヤトウリその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いや~おつかれっす!
そうか~施設からだとお母様も外に行きたいだろうし。
ばあばさんも少し無理しちゃうね~富士山か~河口湖とかしかないな~ひどい渋滞だともっと大変なんだよね~
しかし~土産物屋は~ずうずうしい~っうか~あきれるわ~
楽しいならいいんだけど~ふふふ~ナビと夫も喧嘩するよ~
ナビちゃんは頑固よね~
形だけのメロンパンも良い思いでになったね~
今度は近場で良いとこにいけるといいね~
バイキュ!

みっひーさん、こんばんは~
そうなのよ、相方待てない奴でね~
じっと我慢してりゃあもっと早く帰れたのにさぁ。
まだ圏央道を認識してないナビだからメチャメチャで・爆
やっとたどり着いた八王子西インターは中央高速方面しか行かれない入り口で関越方面行きの入り口が無かったりして。
いつもは必ず持ってる地図を忘れたもんだからね
ナビのクルクル方位が変わる地図で車酔いしそうだった・笑

やっぱり年寄りは地図を片手に走るのが無難だとしみじみ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の収穫 | トップページ | ハヤトウリその後 »