« 光陰矢の如しで雑多 | トップページ | ハヤトウリの雄花 »

2010年10月22日 (金)

ハヤトウリとネズミ

どっちを先に書こうかとしばし考える。

ネズミ話を一部スルーしてもらうためにはハヤトウリを先に書かねば。

で・・・

ハヤトウリ

花が咲いた、根元の実は5ミリあるかないかという大きさ

Pa221672

花を真上から見ると1.5センチほど

Pa221671

まじまじと花を見るのは初めてだが、ただただ地味な花。

後ろに写り込んでいるのはすべてカロライナジャスミンの葉で、ハヤトウリの葉はちょっとした団扇の大きさもあるだろうか。

いつもは隣の木の上で実がぶら下がってから気が付くが今年は我が家で地面を這っているので観察はしやすい。

観察したところでこの地味さ、色もなければ大きくも無い。

ついでに雄花は咲いているのかいないのか、どの状態を咲いていると言うのか皆目検討もつかない。

これでも実が大きくなるものかどうか・・・

しばらくは様子見(^-^)

次はネズミ、嫌いだったら無視してくださいな。

4ヶ月程前から夜になると天井裏をネズミが走り回っていた。

そのたびにココっちんがあっちこっちと追いかけてバタバタ走るので眠れない。

お勝手のレンジ台の後ろ・冷蔵庫の後ろと上にネズミホイホイを置いてみるが一向につかまる気配は無い。

地面に住んでりゃネズミくらいはいるだろうと思っているし、昔々家の中に赤ネズミと言う10センチほどのネズミがいたこともあって あんまり気にもしていなかったが、ここ数年のネズミは体長15センチと少し大きい。

何しろ古いオンボロ家ゆえ天井板の合わせ目がちょっと隙間が開いているようで一昨年はダニに悩まされた。

天井を殺虫剤で燻しネズミの忌避剤を撒き、天井板の合わせ目にはマスキングテープで目張りをしたので去年は静かでダニ被害は無かった。

だが今年、再び天井をネズミが走り回る。

我が家、一日中ニャアニャアとうるさいほどの猫の鳴き声がするにもかかわらず である。

最近ではお勝手の床に糞を発見する事もあった。

流しの生ゴミは寝る前に外のゴミバケツに捨てていたし、食べ物は置いてはいないつもりだったがうっかり母に運ぶつもりのシリアルをレジ袋に入れておいてあった。

それの袋をかじって破り食べたらしい。

相方は天井裏にココを派遣したらどうかと言う。

冗談じゃない!あんな汚い場所に入れてココを病気にする気か?

それにお勝手で鼠がシリアルの袋をかじる音に人間が気づいて起きていったのにココは起きなかった。

一緒に布団にもぐりこんで寝てしまう猫、役に立たないなぁ。

で 仕方なく殺鼠剤を買ったものの、どこに置く・・・

家の中はココがいるし孫が来るから置けない。

外だって近所の外猫君たちが徘徊してるわけだし、万が一にでも食べたらと思うとなかなか置く事が出来ず3ヶ月ほどもグズグズしていた。

それにもし、何かの具合で天井で死んだら取り出せない。

団塊の世代、戦後の日本を生きてきた我々世代はあの言いようの無い臭いが記憶の中に染み付いている。

やだなぁ・・・・・

相方は、今の殺鼠剤は明るいところを求めて外で死ぬから大丈夫だと言う。

でもさぁ、万が一それを外の猫が食べちゃったらどうする?

考えに考えて勝手口(締め切って米びつストッカー付きレンジ台で塞いである)の土間に置いた。ここなら外からも中からも猫は行かれない。

翌日、殺鼠剤が綺麗に食べられてなくなっていたので追加を置いた。

その後は毎日家のまわりを巡回点検。

猫より先に見つけなくっちゃ(無理だろうけど 努力はしてみた 笑)

そして4日後・・・(みなさんお察しの通りの結果が)

この先はちょっと刺激的なので自信の無い方はスルーしてください

               ・

               ・

               ・

               ・

               ・

               ・

お勝手と風呂場近辺に漂うなんとも異様な臭い。

記憶にある例の異臭とはちょっと違う気がするが・・・

床に近いところは臭わない、背の高い相方は私より先に気が付いたようだ。    

天井裏か?  一番厄介な結果になったのか?

もし天井裏だったらこの臭いにいつまで付き合う?

相方はそのうち干からびると言う、あんたはいいよ夜だけ我慢すりゃいいんだから。

私は一日中家の中にに居るんだよ、いつになったら干からびる?

寒くても一日中窓は開けっぱなし、換気扇は二箇所で回しっぱなし。

そうしているうちに家の中を蝿が飛ぶ、一匹 また一匹と計2匹。

天井裏だと思い込んでるので訳が分からない。天井裏とこの部屋、どこで繋がってる?

天井板の合わせ目に蝿が這い出てくるほどの隙間があるのか?

天井裏の鼠の死骸は干からびるまで待つしかないが、天井板の合わせ目からダニや蝿が落ちてくるのは真っ平だ!

よし、と 意を決して天井板の合わせ目を全部マスキングテープで塞ぐことにした。

脚立を持ち込みマスキングテープを片手に一ヶ所貼り、二箇所貼り。

やっぱり天井近くになるとかなり臭う・・・テープを引き出し5箇所目の壁際まで手を伸ばしたところで配電盤の手前で腐敗しかけた動かない「奴」と目があった。

一瞬血の気が引く。声を出そうにも声が出ない。足先から冷たくなりそうで、脚立から降りてしゃがみこむ。

手に力が入らない。

居たよ  居た!。 あんなところに居たんじゃチビの私にゃ見えるはずも無い。

臭うはずだ、お勝手の中だもの・・・

どうしようか・・・  って、片付けるしかないじゃん。

こんなことは背の高い相方に押し付ける。

幸いにも束ねておいてあった紙袋の上だったので、その辺にある紙袋ごと一緒にゴミ袋につっ込んで袋の口を縛り、外のゴミバケツに放り込む。

まぁしょうがない、発見場所付近には消臭剤と殺菌剤を撒く。

天井も壁も床も、どこもかしこも消臭剤を撒く。

翌日は朝からひたすら掃除機をかける。

一日経ったら、臭いはすっかり消えた。

残った殺鼠剤は綺麗に片付けた。 

もう二度と殺鼠剤は置かない。

今回部屋の高い位置での発見だったからよかったものの、万が一床だったらココがどうしたか分からない。

考えただけで恐ろしい。

今我が家は鼠の嫌いなハッカの匂いに包まれている。

どれほどの効き目があるのかは分からないがこれでしばらく様子を見てみるつもりである。

それにしても、今時ネズミって なんだかなぁ・・・

我が家、それほど田舎に住んでるわけじゃないんだけど・笑

« 光陰矢の如しで雑多 | トップページ | ハヤトウリの雄花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ひぇ~~~、ハヤトウリの花どころじゃないよ~(笑)

お疲れ様~。
だめだよ~、ココちゃん派遣しちゃ~、、、ご主人イエローカード(^m^)

ねずみはどこにでもいるよ~。
ああいう小動物はさ、ちょっとした隙間に目ざといからね。
もうこないといいね。
ダニは嫌だ。

で、ハヤトウリの花、写真だと清楚で可愛くみえるけど、実際は本当に地味そう、、、。
でも実が成るのって楽しいよね。

ねずみちゃんの話怖いのでとびとび読んだよ~
バイト先も一軒家で下水を暗きょにする時に家に迷い込んで
大変だったよ~どこぞでチュウチュウ~まだ、バイト先の主婦(爺様の3男の嫁さん)が生きてる時で、彼女たくましいのでネズミ取りにひっかかり、川沿いで燃やしたらしい。今でたら大変~~
私は無理だわ~
でも床下に害虫駆除の薬撒いてるので多分来ないみたい。
個人的にはお会いしたくないなあ~顔とかかわいいけど
ゴキより立ち悪いしねえ~
猫は昔みたいにたくましく育ててないからネズミも猫怖くないんだね~
バイキュ!

ばあば様、おつかれさま(^^)
ハヤトウリは11月収穫の所が多いのかな、それにしても花の咲くのがもうちょい早ければねぇ。
昔々1度だけ育てたのだけど、秋遅く、バカバカしいくらいに育って、
花も見ないで雪が降り始めたよ~。ばあばさんのは収穫出来ると良いですね^^

ネズミ話は大丈夫。いつも格闘しています。
外のコンポストには出なくなったけど、草を積み上げている所はネズミの巣になっているし、
そこで大人しくしていれば良いのだけど、
倉庫や店に出ると、速攻でネズミホイホイ♪
殺鼠剤は使わないなぁ、ホイホイに入ったら夫がポイッと・・・(^^;)

タイピィさん
寿命が縮んだ気がするよ~・笑
特別に怖いわけじゃないんだ、ただ突然
思いがけないところで目が合ったら・・・ウゲッとね

ハヤトウリの雌花はいくつか咲いたんだけど
雄花がね、咲いたのが見当たらないの。
これで実がなるのかどうか・・・
受粉、必要だよねぇ どうなんだろ~

みっひーさん
ネズミだけなら居てもいいのよ、だけならさ。
ダニとかばい菌とか落としていかれるとねぇ
だからできたら来ないで貰いたいの。
ネズミ捕り、子供の頃はあったよ。
バケツの水に浸けてたっけ。

チャッケさん
本当に疲れました、心がね~
殺鼠剤はこりごりです、二度とおきません。
やっぱりネズミホイホイがいいです!
見ないでポイッとね 笑

ハヤトウリは去年の今頃はすっかり収穫してました。
今年は1ヶ月遅れてますので、取れるかどうか・・・
>バカバカしいくらい育つ
本当にバカバカしいくらい育ってますよ。
これで収穫できなかったらもっとバカバカしい 爆

いやぁ お疲れ様。
いまどきは専門業者を読んで駆除してもらうと 何回か
テレビの特集をみたことあるを。
新築でも数年で入り込むらしいから 新旧は関係なくて
立地と構造の(ほんのちょっとした隙間)問題らしいよ。
業者さんがテレビカメラしかけて ネズミの行動を解説してくれると
ああ、あんなところから とびっくりするよね。
ココチンが半殺しのネズミくわえてくるより良かったよ^^;
ホメなさいってはいうけど 固まるよね・笑

さぁ 記憶はかわいいはやとうりの花に戻そう

moomamaさん
いやいや びっくりしました~・笑
勝手口の土間のコンクリートをかじって穴を開けてるんですよ。
それを塞がないといけないようで。
本当に半殺しのネズミをくわえてなくてよかった~・汗
ネズミ、小動物としては可愛いんだけどね・笑

ハヤトウリは大きくなるやらならないやら・・・
1ヶ月遅れるとねぇ、今年はどうだか。
雄花が咲いたらまた報告しま~す。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 光陰矢の如しで雑多 | トップページ | ハヤトウリの雄花 »