« オバ還の15歳と猫の畑 | トップページ | GWようやく終了~ »

2010年4月29日 (木)

春(初夏?)の陽気

世の中はゴールデンウィークに突入らしい。

もうすでに成田は混雑し始め、高速道路の渋滞もぼちぼち伝えられている。

昨日の雨が今日は上がり、すっかり初夏の陽気。

こうなると外の空気が心地いいが紫外線は予想外に強そうだ。

目深に帽子をかぶり、孫2人を連れて外に出る。

裏の原っぱで しばしカラスノエンドウの豆(何にするわけでもないが)を摘み、ふと見かけた小学生の子2人。

Dsc_0178

これを見た孫2人、おとなしく見ていられるわけもない。

あっという間に合流である。

Dsc_0174b

1時間近く遊んだだろうか、靴はもちろん着ているものもドロドログチャグチャである。

これ 小川に見えるでしょ?違うんだなぁ(笑)

ここはどこか・・・

正解は道路(爆)

造成地の原っぱと畑の間にある道を広げたのはいいが、以前からの道のぶんだけ砂利道で、広げた部分はまだ低く 雨が降ると長い(それはそれは長~い)水溜りが出来る。

こんな道だから当然車は通らないし前後左右の見通しは良いし、子供が遊ぶにはうってつけの場所である。

GWは 今年も「おさんどん」「洗濯婆ちゃん」「孫守」で過ぎていく。

なんだか平和がありがたい。

って・・・

ココっちん、あと1週間の辛抱だ。

GWが終われば静かな毎日が戻ってくる。

多分・・・・・

« オバ還の15歳と猫の畑 | トップページ | GWようやく終了~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

長い長い水溜まりにも驚いたけど、↓の長芋にもビックリ。
読みながら自然薯を掘っているような感覚に(^^ゞ
うちはねぇ、去年の春先、コンポストで出来た堆肥の山のようなところに長芋のシッポ・・・じゃなくて、あれは頭か、ともかく食べ忘れて蔓が伸びだしたものを埋めたわけよ。
一夏過ぎて蔓がどんどん伸びて、芋もそれなりに大きくなったようで、秋遅くに掘ったらマァ。かけらしか無くて、結局ネズミの御馳走を作ってやってた。ネズミは賢いですね、芋が大きくなってから食べるんだもん。
長い話でごめんなさい(^^;)

チャッケさん
凄いでしょ~この水溜り、多分20m位(笑)
もともと畑道だったのだけれど、だんだんと
片側の畑の開発が進んで、とうとう造成されて・・・
そのうち原っぱには保育園が建つらしいです。

芋ねぇ随分前から植えっぱなし。
って言うか、ムカゴが落ちて勝手に生えたの(笑)
あちこちに出る芋の蔓、もう抜けません。
本家本元は、たぶん建て増しした部屋の縁の下ですわ(爆)

ほんと、ほんと、水溜まりに驚いたけど、↓の山芋にもびっくり~。

すごいや、、、っつか、うちもムカゴが毎年なるんだけど、掘ると山芋出てくる??

ココちんは、今の状況にまだ慣れませんか~?
もすこしの辛抱だよ^^;

タイピィさん
いつから有るのか忘れちゃってる芋なんだよ。
ムカゴが落ちて2~3年すると子供の握り拳くらいになるので
それより長ければ掘ったら出てくるかもよ。
掘るなら冬ね、もう芽が出始めるからまた一年ムカゴを楽しんで、芋を育ててね。
採れたムカゴを埋めておけばエンドレス~(笑)

ココっちん、だいぶ慣れたんだけどハゲは治りきらなくて・・・
カサブタが気になるらしくてまだ舐めてる。
毛皮が生え揃うまで防御せねば。
って・・・どうしたもんかと、まったくもう(笑)

懐かしい光景だなぁ。
思い出すのは子供時代の梅雨時。
洪水一歩手前の大雨が降った翌日は、
家の裏の道は川になり、そこに魚が泳いでた(爆)
公園の砂場もおたまじゃくしが遊ぶ即席お池に早代わり。
あの頃の子供たちって幸せだったなぁ(遠い目)
ばあばさまのお孫さんたち、幸せだよ~。
一生残る思い出が作れて♪

薫さん、そう言ってもらえるとホッとするよ。
今時こんな遊びをさせてるうちは少ないらしくて
この小学生達も「また明日ね~」って言いながら
翌日は現れませんでした(笑)
きっと家に帰って叱られたんだろうと(^-^)
もちろん孫達はベランダサンダルを持参でやってきた(爆)
横浜のコンクリートジャングルで生まれた孫達
野生児に育って欲しいよ。
川になった道、池になった砂場、マンホールからあふれる下水
我々そんな中で育ってきたんだもん、少々の汚さには負けない!
育つ段階での適度な不衛生は必須だよね~
いや、真面目な話がさ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オバ還の15歳と猫の畑 | トップページ | GWようやく終了~ »