« エコポイントって | トップページ | オバ還の15歳と猫の畑 »

2010年3月26日 (金)

エリカラ考

ハゲ対策のエリカラ

以前に買ったものがくたびれてきたので次を買おうかと考えていたら薫さんからmoomamaさんのところに使ってないものがあると言うコメントをいただいた。

それならと聞いてみたら、手持ちをいただけることになった。

彼女としてはこのカラー、犬にはいいけど猫にはクリアファイルの手作りの方が役に立つと思うとのことだった。

そうか、クリアファイルの手作りカラーか。

知ってはいたが今まで洋服を着せる事でしのいできたので作る事はしなかった。

この際だから作ってみようかと材料を並べ、先ずは型紙を作る。

寸法は以前にタイピィさんからいただいた猫服考あれこれのコピーの中にあったものを書き写す。

中央の首周り円は直径5センチ、周囲の円は直径18センチ、必要角は260度。

できあがったエリカラ、着けてみる。

Dscn3193 う~ん、少し大きいか。 で、周囲を3センチ程切り取ってみたらいい感じ。

いつもの箱に入ったので、しばらくして覗いてみたら寝ていた。

Dscn3207 あら、いい感じじゃ~ん ということで安心していたが・・・

起きてきたココっちん ソフトリカバリーカラーを壁にこすり付けると漏斗型から涎掛けになることをしっかり学習してしまっていて、歩きながらひたすら壁に擦り付けバリバリガリガリ音をさせながら歩く。

柱にぶつかって負荷が掛かるとそこで固まって動けなくなる。そして助けを呼ぶ。

情けないなぁ ココっちん。

それなら前にも後ろにもひっくり返らないものを作ればいいのか?

で、ほぼ平らに近いものを作ってみた。

Dscn3210 う~ん・・・ 歩いている時はいいけど寝にくそうだし やはり壁に擦り付けながら歩くのでうるさい(引っかからないので呼ばれなくはなったが 笑)

そばに居てもうるさいのだから当猫はもっと大きな音に悩まされてるんだろうなぁ。

材質やら大きさやら形やらをコツコツ考えながらつくったエリカラ3種だが・・・

Dscn3218

結局、今はまたmoomamaさんからGETしたものに逆戻りである。

P3261110

今のココのハゲは舐めることでできるハゲだから口が届かなければ悪化は防げるが、ソフトなこのカラーは簡単にひっくり返るし少しの力で折れ曲がってしまうので頭を掻く事が出来る。

アレルギーで首から上に出来たハゲや、カイカイで体のあちこちに出来たハゲをカバーするにはやっぱりこのカラーではカバーしきれないだろうなぁ・・・

このエリカラには補強が必要だとのアドヴァイスもいただいたのでやってみる。

レポートは またそのうち。

足の舐めハゲはほぼ完治。あとは右肘

Dscn3213

今一歩だ、頑張れ ココっちん!

« エコポイントって | トップページ | オバ還の15歳と猫の畑 »

」カテゴリの記事

コメント

続きのレポートお待ちしてますよん。
何事も根比べね。

ジュサ坊はお腹の手術痕保護のためだったけど、
一応ソフトリカバリーでカバーできたよ。
ジュサ坊的には漏斗状より地蔵さんの涎掛けの方が
楽だったし患部を舐め崩すことが困難だったみたい。
でも頭はねぇ・・・ソフトじゃ中々難しいかもね。

moomamaさん
は~い(笑)
なんだか漏斗を作るのが面白くて、その後2つ作りました。
ま どちらも失敗作なんだけどね。
ソフトカバーの補強も縁を丸くする補強だけでは駄目そうで
放射状に補強をしないと やっぱりクタクタはクタクタ。

もう少しやってみますね(^-^)

薫さん
そうなんですよ、肩・お腹・背中辺りの舐めには有効なんだけど、後ろ足での掻き壊しはソフトに限らずエリカラでは無効みたい。
今のところココは舐め専門なのでとりあえず有効。
後ろ足での頭の掻き壊しには漏斗型、肩からお腹の舐めには涎掛け。
その他の場合はやっぱり保護服かなぁ・・・

落ち着いたら もうひと頑張りしてみますわ(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エコポイントって | トップページ | オバ還の15歳と猫の畑 »