« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の3件の記事

2010年3月26日 (金)

エリカラ考

ハゲ対策のエリカラ

以前に買ったものがくたびれてきたので次を買おうかと考えていたら薫さんからmoomamaさんのところに使ってないものがあると言うコメントをいただいた。

それならと聞いてみたら、手持ちをいただけることになった。

彼女としてはこのカラー、犬にはいいけど猫にはクリアファイルの手作りの方が役に立つと思うとのことだった。

そうか、クリアファイルの手作りカラーか。

知ってはいたが今まで洋服を着せる事でしのいできたので作る事はしなかった。

この際だから作ってみようかと材料を並べ、先ずは型紙を作る。

寸法は以前にタイピィさんからいただいた猫服考あれこれのコピーの中にあったものを書き写す。

中央の首周り円は直径5センチ、周囲の円は直径18センチ、必要角は260度。

できあがったエリカラ、着けてみる。

Dscn3193 う~ん、少し大きいか。 で、周囲を3センチ程切り取ってみたらいい感じ。

いつもの箱に入ったので、しばらくして覗いてみたら寝ていた。

Dscn3207 あら、いい感じじゃ~ん ということで安心していたが・・・

起きてきたココっちん ソフトリカバリーカラーを壁にこすり付けると漏斗型から涎掛けになることをしっかり学習してしまっていて、歩きながらひたすら壁に擦り付けバリバリガリガリ音をさせながら歩く。

柱にぶつかって負荷が掛かるとそこで固まって動けなくなる。そして助けを呼ぶ。

情けないなぁ ココっちん。

それなら前にも後ろにもひっくり返らないものを作ればいいのか?

で、ほぼ平らに近いものを作ってみた。

Dscn3210 う~ん・・・ 歩いている時はいいけど寝にくそうだし やはり壁に擦り付けながら歩くのでうるさい(引っかからないので呼ばれなくはなったが 笑)

そばに居てもうるさいのだから当猫はもっと大きな音に悩まされてるんだろうなぁ。

材質やら大きさやら形やらをコツコツ考えながらつくったエリカラ3種だが・・・

Dscn3218

結局、今はまたmoomamaさんからGETしたものに逆戻りである。

P3261110

今のココのハゲは舐めることでできるハゲだから口が届かなければ悪化は防げるが、ソフトなこのカラーは簡単にひっくり返るし少しの力で折れ曲がってしまうので頭を掻く事が出来る。

アレルギーで首から上に出来たハゲや、カイカイで体のあちこちに出来たハゲをカバーするにはやっぱりこのカラーではカバーしきれないだろうなぁ・・・

このエリカラには補強が必要だとのアドヴァイスもいただいたのでやってみる。

レポートは またそのうち。

足の舐めハゲはほぼ完治。あとは右肘

Dscn3213

今一歩だ、頑張れ ココっちん!

2010年3月12日 (金)

エコポイントって

去年の6月、相方の実家でテレビを買い換えた。

秋になって我が家のテレビと冷蔵庫を買い換えた。

暮れ、娘の冷蔵庫を買った。

どれもエコポイントの申請をほったらかしていた。

今年に入って、いい加減に申請をしようと3件分の申請書を書き発送した。

待つ事2ヶ月、我が家のと娘のは無事に商品券が届いたが実家の分は手続きが出来ないと送り返されてきた。

理由は購入日と出荷日の不整合。

購入の日付が当概製造番号の製品の工場出荷の日付より前の為にエコポイントの発行は出来ない旨の記載があった。

工場から出荷してないテレビを買って持って帰ってきたって?!なんじゃそりゃ~

実家のテレビは兄が買いに行って店頭渡しで自分で運んできたもの。

出荷してないものが店頭にあるわけないじゃない。

保証書の型番も間違いない。

そこでコールセンターなるところに連絡をとった。

先ずはガイダンスが流れ、該当の数字を押せと。

その後90秒ごとに10円の料金が掛かるとアナウンスがあってナビダイヤルに繋がる。

が・・・ ここから先が回線が込み合っているとかで繋がらない。

掛けても掛けても「しばらくたってからおかけ直しください」とアナウンスがしてぷっつり切られる。

何度かけただろう・・・

一昨日やっと繋がって話が出来たが、今度は購入者本人でないと話は出来ないという。

このときはどう説明しても本人が連絡しろの一点張りで話にならないので諦めた。

そして今日 しらばっくれてもう一度電話をかけた。

今度は兄には入院していて貰う事にした。

以下 その会話の抜粋(全部は書ききれない)

コ「ご本人様からご連絡いただきませんとお話は出来ません」やっぱり言われた(笑)

私「本人は入院しておりまして電話は出来ません。現実に面倒だからと投げ出した本人に代わって申請書を書いたのは私です。交換商品は申請者の住所に届くわけですし、どうしたら良いかのことだけですので教えてください」

コ「病院からでも連絡はいただけませんか」

私「公衆電話でいつ繋がるか分からない電話をしろと仰るのでしょうか?」

コ「そうですねぇ しばらくくお待ちください」

3分後

コ「身障者さまの代理と言うことであればお受けします」

兄貴は身障者だってか?!まぁいいけど

コ「それでは代理人様のお名前・ご住所・電話番号・生年月日を伺いますが」

私「結構ですよ」と一通り伝えたところで聞いてみた

私「名前・住所・電話番号は分かりますがなぜ生年月日が必要なのでしょう? ましてや 私は兄の交換商品を私のところに送れと言っているわけではありませんよ。日付の不整合と言われてもどうしたらいいのか分からないから聞いているだけですよ、店頭で買って持ち帰ってきたテレビが工場から出荷されていないと言われても納得できませんもの。現実に目の前にテレビは有って、保証書もちゃんとありますもの」

コ「・・・・・・・・・」返事がない

私「申請書には兄の生年月日が書いてありませんでしょう?でもそれは書類の不備ではないのでしょう?」

コ「そうですね、ただ私どもは必要とされる事項を確認するように言われておりまして・・・とにかくこの申請書の型番と製造番号でもう一度メーカーに確認を取りますので、お時間を頂きます」

分かったような分からないような会話

結局調べた結果報告は我が家にくれるらしい。

面倒だからと申請しないお年よりも多いとか。

最近になってあまりの苦情の多さに家電販売店で代理申請が出来るようになったらしいが、これ考えたの誰?

製造番号とメーカーの出荷日チェックする手間かけてまで確認するの?

領収書と保証書の日付は信用しないわけね。

こんな手間だって人件費かさむんじゃない?

役所のやる事はどうもわからない。

2010年3月11日 (木)

遅い目覚めで・・・

やっとの事で冬眠から目覚めた。

いや、仕事はとっくに終わっていたのだけれど・・・

先月、ひょんなことから姑の認知症の始まりが発覚してバタバタしていた。

ボケる事などきっと無いと思い込んでいた姑。

正直ショックである。

今は相方の兄貴(独身)と2人で暮らしているので私は実家の母と出戻りの娘と孫に気を取られていて気が付かなかった。

先月、仕事に追われている最中にかかってきた姑からの電話。

同居している兄の言動が変だから相方と2人で来いと言うのである。

詳しくは書けないが姑の話を聞いている限りでは確かに変だ。

やだなぁ 兄貴がおかしくなっちゃったのかなぁ・・・

と言うことで夜2人で行ってみた。

姑と兄とを並べて話を聞き、兄には母親を大切にしろと説教して帰ってきた。

姑は満足げであった。これで一件落着かと安心していた。

ところがである。

その後兄と話す機会があってじっくり話を聞いたら兄は承知してやっている事だと言う。

実は・・・と話し始めた事。

家事の段取りが出来なくなっている。
朝ごはんの片付けが昼はおろか夕方になっても片付かない。
昼ごはんは自分が食べたくなければ作らない。
夕飯の材料を並べてやってもそれを使って料理する事が出来ない。
ストーブの火加減を調節できなくなって大きく炎が上がりっぱなしだったり、小さくしすぎて不完全燃焼のまま気が付かなかったり。
テレビは見ているが何を見ているのかまったく理解していない。

仕方がないので、いちいちあれをしろこれをしろと指図して動くように仕向けているが、それをいちいち叱られていると受け取るので最期には喧嘩になる。
言って喧嘩になるくらいならと兄が片付け物を始めるとそれが気に入らなくてまた喧嘩になる。

こんな毎日なのだそうだ。

もともと頑固で我侭な姑、息子にいちいち指図されるのが気に入らないらしい。

口をきくのが腹立たしいのでだまってテレビを見ている。

散歩に出ようにも足は弱くなったし外は寒いしで引きこもる。

当然ものを考える事も少なくなってくる。

そりゃボケるわ、何とかせねば・・・

頭の中に風を吹かせねば。

で、考えた。  可愛いひ孫を派遣しよう!

と思っていたらひ孫達、代わりばんこに風邪を引く。

仕方がない、可愛くもない嫁の出番か。

仕事の合間を見ながらちょこちょこ電話をし、やれ白和えを作れのひじきを煮ろのと言ってみる。

息子に言われりゃ腹が立つことも他人に言われりゃ何とか素直に受け取る。

まだ白和えもひじきの煮物も飛んでは来ないがそのうち飛んでくるだろう。

婆ちゃん、ボケるのはもう少し後にしてくれ。

せめてひ孫が学校に入って落ち着くまで持ちこたえてくれ。

そうしたら可愛くない嫁がせっせと様子見にいくからさぁ・・・

それにしても実家の母と姑・・・婆さん2人を婆さんが見るのか?

背負えるのかぢぶん(藁)

さて、気分を変えて ココっちん

舐めハゲはソフトリカバリーカラーのおかげで随分とよくなってきた。

2月のエリカラ装着の頃のハゲ

P2060973

それが今は一見しただけでは目立たない程度に回復

P2191011

ちゃんと毛が生えてきたし ありがたい。

このエリカラ、柔らかく軽いが説明書に書いてあった通り くたくたになってしまって前に向かせる事は難しくなってしまったので いつもお地蔵様のよだれかけ状態である。

そろそろ次を買わねば。

2~3枚買い込んでおくかな。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »