« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の3件の記事

2009年9月23日 (水)

交代 2

またまた交代話。

去年の夏28年物のエアコンを入れ替えて、今年の正月に27年物のホカペを取り替えて

さて、どうしようかと考えていたTVと冷蔵庫。

TVは2002年製。

買うときにはすでに地デジ移行は決定されていたので どちらにするか迷ったのだが、なにしろ一日18時間点けっぱなしにしているTV(留守でも消さない)他所の家に比べれば3倍の時間使うわけで、アナログ終了が先かブラウン管の寿命が先か その時に考えればいいかとブラウン管TVで今まで来た。

まだ7年、されど7年。実質20年近く使ったブラウン管TVとなればいつ壊れてもおかしくない。

もう一つは冷蔵庫。

15年前に買い換えた冷蔵庫は電気の消費量が大きく、最近の冷蔵庫に比べれば倍近い電気代がかかっている。

いつ壊れるか分からないTVと電気代がかかる冷蔵庫、壊れているわけではないが この先を考えるといずれ遠くない将来には買い替えの時期が来るだろう。それなら今、エコポイントがあるうちに換えてしまうかと19日の土曜日、母に会いに行った帰りに家電量販店○ジマに寄っててみた。

偶然にもこれがいいと目星を付けていたTVと冷蔵庫両方がタイムセールの対象になっていて両方合わせれば通常の価格(これでも安いけど)よりさらに6万近く安くなっていた。

が・・・その時は見に行っただけ、相方に話して見なければ決断は出来ない。

係の店員はタイムセールは今だけで明日は違うものになっているし、今日も何時に終了するかは上からの指示なので分からないと言う。

だけど勝手には買えないもん!

夜 相方に報告すると、タイムセールの価格ならOKだと。

翌日、20日の日曜日 気合を入れて朝一番の量販店に出かけると、昨日の店員を見つけ交渉開始。

だが 今日のタイムセールは11時からだし、今日の商品はこれとは限らないのでと・・・

ちょっと待たされて上司の男性店員に交代したので昨日からのやり取りを説明し、TVと冷蔵庫両方とも昨日のタイムセールの価格で欲しいな~と頑張る事一時間(嘘ぴょーん 笑)結構あっさりと商談成立。

TVの方はネット価格の方が安いねぇと言ったら「いやー、それは勘弁してくださいよ」と。

まあね、○ックカメラや○マダ電気でもそんな価格にはなってないし そこまでは言わないけど。

支払いを済ませエコポイントの説明やら請求のしかたを聞いて結局1時間半(これは本当)

「エコポイントって貰う方はいくらかでも助かりますけど、お店の方はこの説明時間は負担ですねぇ」

「ええまぁ、でもこのポイントでお客様が買う気になってくださればそれはそれでありがたいことですから」

なんて会話のあと 納品を急ぐかと聞かれたが、いやいや片付けないといけないし掃除もしなきゃ・・・で4日後に。

4日後なら大丈夫だろうと思いながらスーパーに寄って買い物をして帰ってきた。

しかし、月曜火曜と片付かないまま過ぎて行き 今日は水曜、納品は明日の午後。

ギャー 何とかしなきゃ~~!

そうそう TVが新しくなっても、我が家はまだ地デジの受信は出来ない。

フレッツTVの導入は そのうちにね~爆

2009年9月15日 (火)

10日分まとめて

なんだかバタバタだった10日間。

先ずは5日、朝から相方と一緒に家を出た。

待ちに待ったVOXYが納車になるので相方を会社まで送って行く、往復2時間半のドライブ。

相方が仕事帰りに乗ってくるという段取りになっていた。

保険の入れ替えは車検証が手元に来た時点でセンターに連絡するようにと相方に頼む。

昼間はノアに乗せてあるものを全部下ろし、8年間ありがとうねと撫でておく(撫でただけ、洗車は無し 笑)。

この時点では、心は軽くルンルン気分であった。

が・・・

夕方、突然に入ってきた訃報。(訃報はいつだって突然なのだが・・・)

自分より一歳上の旅立ち、やはりショックだった。

難しい病気で闘病中であり、金さん銀さんのお歳までは望めないとの覚悟はあった。

が・・・家族も周りもまさかこんなふうに突然その日が来るとは思ってもいなかった。

妻が仕事で留守中の出来事、ちゃんと着替えて朝食をとりながら ふと思いついたように旅立って逝ってしまった。

夕方、テーブルの前の椅子に座って眠っているように見えた彼を見つけた妻の気持ちを思うと10日経った今も胸が痛む。

自宅で1人きりの旅立ちは、こちらが望む望まないにかかわらず警察の介入となり、それでなくても押し潰されそうな家族の心に追い討ちをかける。

もちろん事件性は無いのだが、自宅で旅立ちたいと望むことの難しさをあらためて思い知らされた出来事だった。

この夜、横浜一往復。

6・7日は一日中携帯メールでのやり取りで落ち着かないが、8日の友引を避け 葬儀は9日の通夜、10日の告別式と決まる。

8日は前からの予定で来客あり。

落ち込んだ気持ちの中、少しだけホッとした一日。

9日 通夜 相方は午後半休を取って二人で横浜へ。帰宅は10時半。

10日 告別式。 相方は有給を取り、朝の通勤時間帯に家を出ることになるので余裕を見て出かけたつもりが予想外の渋滞で、途中で拾うはずだった娘を拾えず電車で向かうようにと連絡を入れた。

午後、白い箱に入り妻の胸に抱かれた彼を見送って、帰宅は6時半。

家に帰って先ずした事、ココの舐めハゲの確認。

今ある舐めハゲを 特に増やした形跡は無く 一安心。

11日 なんだか落ち着かず。2日間しなかった洗濯と掃除をしたら、他に何も手につかない・・・

12日 母に会いに施設へ行き、13日の外出届けを出した。名目上は我が家でゆっくり気分転換をさせて晩御飯を食べさせると言う事で。

今回のことで 前から考えていた母の新宿行きを決行する気持ちを強くした。

疲れて体調を崩す事があるかもしれないけれども「今のうち」「動けるうち」そんな言葉が頭の中をクルクル回る。

13日 相方と姪っ子に同行をたのみ 午後から新宿に父の墓参りに出かけた。どんなものかと思っていたウェルキャブ、リフトアップのシートは快適である。車椅子は畳んで後ろにすっぽり収まる。

だが、問題は寺 笑。

駐車場の玉砂利、車椅子には優しくないなぁ・・・車輪が埋もれちゃう。

墓までの通路、これまた車椅子には狭いし敷石の段差が・・・私1人だったら母を連れて行くのは無理かもなぁ。

それでも、ご住職と2年ぶりの対面を果たした母はホッとした様子だった。

そして  そして・・・

念願の 刺身と天ぷらの晩御飯。

ご飯の半分は残したものの他は完食である。

6時に帰るはずが1時間遅れの帰着。施設では明るく「お帰りなさ~い」と迎えられ、内緒の墓参りは成功した。ほらね~ やっちゃったもの勝ちだわ(^-^)

昨日14日は社会保険事務所に行ってきた。

一年前、ねんきん特別便での記録が結婚前のものが統合されていなかったので修正をして提出してあったのだが、9月4日に来た葉書ではまだ修正前の記録のままだった。

20年9月20日に投函した返信が一年経っても反映されていないのである。このままだと厚生年金の反映がされないので近々行かなければと思ってはいたが、何しろバタバタの一週間だったので今週は行こうと思っていた。

そして昨日、午前中に届いた年金の確認のお知らせ。

「今回あなた様のものである可能性が高い記録が見つかりました。充分お確かめいただいた上で、必ずご回答をお願いいたします。」と、また返信用の書類が入っていた。

こんなもの今頃から郵送してたら間に合わないじゃん。

と言うことで急遽出かけた。

行ってみたら混雑していて待たされたものの確認はいたって簡単!

本当は個人情報なのでまずいんですけどね などと小さな声で言いながら40年も前の勤務先の月変(標準月額変更届)のコピーなど見せてくれた。なんとまぁ懐かしい名前がたくさんで・・・皆さんどうしているのかと 笑。

この辺までは年金記録がちゃんと統合されて安堵の気持ちでいっぱいだった。

が・・・・・

その後相談窓口に回され、貰えるであろう筈の金額を提示されて気分はどん底に。

60歳になったら手続きをして受け取れる金額 120.000  これ年額よ、年額ですから~

結婚しても子供が生まれるまで働いて、子供が義務教育を終えてからも50歳まで働いて。それで貰える年金が60歳で12万、62歳で29万、65歳になってやっと72万。

これ 年額よ(しつこいね 笑)

これでどう生活しろと?

いや、待てよ。

ずっと働いて自分の受け取る年金が多くなれば課税対象になるわけだし、そうなると万が一母のように介護が必要になった時に、助成金やら補助金やら限度額認定やらの補填の対象から外れるわけで・・・

受け取れる年金が少ないことに感謝するべきか?

う~ん・・・

いまさら考えてもしょうがない

なるようになる!・・・・・ かな?

気分を変えて 猫の畑

ゴーヤーは育たないで小さいまま萎れてしまう。

やっぱり南国育ち、この朝晩の涼しさは可哀想なようだ。

菜っ葉、撒かねば~!(早く動け ぢぶん 藁)

2009年9月 2日 (水)

交代!

と書いたところで、政治の話ではない。

私ヤモリの車(正確には我が家の車)が8年ぶりに新しくなる。

同じ車を8年も乗ったのって 多分始めて。

今までほとんどが2年周期で入れ替え、短いものでは4ヶ月なんてのもあった。

理由は・・・飽きるのである。

今を去ること ン~十年前、初めて自分の車として手に入れたのは三度笠とか柿の種とか呼ばれていた車。

前世紀の遺物みたいな車だから今の人は知らないだろうが・・・

ダットサンセダン210系という奴。もちろん中古、もちろんマニュアル。

免許取立てだからと古くて  ぶつけても こすってもOKという ボロボロでスピードを出すと空中分解しそうな代物だった。

これにはどれだけ乗ったかと記憶を辿ってみれば、下の娘が生まれてから次の車に買い換えたのだが、免許証を取ったのが遅かったのでたぶん6年。手放した時には文字通りポンコツだった。

その後は・・・

順番は滅茶苦茶だが、サニークーペ・スバルR2・ストリート・キャリー・スペクトロン・カペラロータリー・ロータススーパー7・フェアレディZ・マスターエース・デリカスターワゴン・デリカシャモニー・パジェロ・パジェロJR・ムーブ・キャロル・ミラ・レパード・ブルーバード・ノア・・・思い出せない、たぶんまだある。

借りている駐車場の不動産屋でも「○○さんはしょっちゅう車が入れ替わるから契約書にナンバー書かなくてもいいよ」といった具合。

たまに会う友人には必ず「今は何に乗ってるの?」と聞かれたが、最近では「まだこれ乗ってたんだ」と言われるようになった。

子供が増えてセダンからワゴンになったり、仕事の納品に必要になったからと軽の箱バンが増えたり。

また子供が巣立ってからは、遊びの山歩きに四駆が必要になったり。

孫が増えてまた1BOXになったり。

数十年の暮らしの中で その時々に必要に応じて通り過ぎて行った我が家の足。

今回は福祉車両の導入となった。

VOXYウェルキャブ。

今まで考えもしなかったウェルキャブ・・・

これは何年乗ることになるのか。

複雑な思いの「車交代」である。

気分を変えて猫の畑~

今年は秋が早くて そろそろ正月用の葉物を撒く準備をしなければならない。

ナスもトマトも今なっているものを収穫したら抜くが、一時期ぱったりと咲かなくなったゴーヤーの雌花が8月末から咲き始め 今はあちこちで小さなゴーヤーがブラブラ下がっている。

大きいものでもまだ10数センチに満たないが

91

この涼しさで育つものやら育たないものやら、もう少し様子を見てみようと思っている。

猫の畑も交代の季節である。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »