« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の5件の記事

2009年8月31日 (月)

IE8って・・・

HP本館の花火とゴーヤを今月一杯で削除するつもりでいたので今日は昼からHPの更新(削除するのに更新って言うのか? 笑)に取り掛かった。

いつもの通りフォルダを開きファイルを開きソースの表示をすると あれ?????

見慣れないカラフルな色付きで行数表示までが付いたソース。

なんとまあタグと本文とが色分けしてあって 綺麗で見やすいこと、さて書き換えようかと思ったら、何をどうしてもカーソルが表示できず書き換えが出来ない。

いやはや 困った どうすりゃ良いのか途方にくれた・・・

なんでだろ~と考える事しばし、ふと思い出した

一昨日、遅ればせながらIE8にバージョンアップしたんだっけ!

原因はきっとそれだ!

ソースのコピーは出来るので、新しいメモ帳に全部コピーして修正して改めてアップしてみたらそれはちゃんと更新されてブラウザに表示されていた。

え~・・・こんな面倒な事毎回するのか?まさかねぇ。

さて、どうするって・・・ 探して見るしか無いじゃんねぇ。

あっちをポチ、こっちをポチ・・・・・

そして、あれこれキーワードを変えてググることしばし。

そして発見!

そうか HTMLの作成エディタの変更か!

ツール→開発者ツール→ファイル→IEのカスタマイズ

ここでメモ帳を選択。 これで元に戻せた。

やっとのことで解決し、HP本館の記事削除は無事解決した。

マイクロソフトさん、新しいバージョン作ってくれるのはいいけど、勝手に今までの設定を変えないでよ。

どうやら今度の標準のエディタは改良されて使いやすいエディタらしいが 婆ちゃんの頭じゃ何か一つあるたびに解決するまで時間がかかるんだからさ。

そんな事で午後はPCに遊ばれた(^-^)

2009年8月22日 (土)

誕生日

今日8月22日 ココっちん 10歳になった。

待ちに待った10歳の誕生日だが・・・

Dsc_0072

去年の今日もHP本館に誕生日記事を書いたので見返してみたらやっぱりハゲていた。

まったくココはハゲ猫である。

ハゲ話も年中なので特筆するほどのこともなく、本猫も飼い主も結構のんきにしている。

ふと思い出して、10年前の写真を引っ張り出し 今の写真と比べてみた。

10年前 生後7ヶ月、おおきなウサギのぬいぐるみに挟まれて

Img072

同じウサギと並んで

Dsc_0222

ウサギは大分くたびれたが 捨てられなくて・・・

さて、これからは爺さん猫の仲間入り

お互い爺さんと婆さんだ のんびり暮らそう(笑)

2009年8月19日 (水)

やっと平常に

7月末から始まった我が家の夏

平常 昼間はココっちんと2人きりなのに

7月31日に3人増え・8月1日に5人増え、5人減り

8月2日に3人減り、ホッとしたのもつかの間

10日から相方が休みで1人増え・11日に3人増え

13日に1人増え・14日に3人減り・16日に2人減り

17日に1人増え  昨日18日からやっと

猫と2人の時間が戻ってきた。

7月に作ったココッちんの舐めハゲ、やっと治りかけたが・・・

お盆休みで家中が五月蝿かった間に気が付くとまた新たに出来ていた。

治りかけたハゲのすぐ隣

P8180286

センセイいわく「つまんねえのかなぁ」って・・・

そりゃあね 家の中が五月蝿くて面白くはないし、チビどもに母やんをとられるし。

だけど 猫につまらないって言われても 私も困る。

PC棚の上で外を見るココっちん

Dsc_0018b

見ている先は 猫の畑のゴーヤーの網なのだが

今のゴーヤーの網はアサガオに占領されつつあって・・・

こんなになってしまった

Rscn2578

毎日水を撒いていたのに ふと気が付くと ゴーヤーの蔓とアサガオの蔓がからみあっていて、始めの頃は蔓を剥がして他に引っ張っていく努力もしていたが 今となれば もう分離は不可能である。

花も交差しながら咲いてるわけで、何を植えたのか分からない(笑)

Dscn2574

それにしても このアサガオ撒いた覚えはないのだが、いつからあるのか記憶に無いくらい昔からこの辺で咲く。

きっと来年も種がこぼれて出るに違いない。

来年のエコカーテンはアサガオにするかなぁ・・・

2009年8月 5日 (水)

お知らせ

      今年も開催! 十猫十色猫だらけ展

                 Img2d4326d7zik7zj_2

         「第3回十猫十色猫だらけ展」 
     会期:2009年9月17日(木)~21日(月)
      場所:「Gallery やさしい予感最寄:目黒駅

         詳しくは上のバナーからどうぞ

            無事に終了しました 

2009年8月 4日 (火)

意地とゴーヤー

前回のゴーヤーの苦さに恐れをなし、その後収穫したゴーヤーの何本かは嫁に出した。

しかし 悔しい 何とかして食べさせなければ・・・

誰にって 相方に。

私は苦くても食べられるもん。

考えた 一生懸命考えた。

そうだ、前回 塩で揉んで出た水分を捨てた時に その水はやたらと苦いものだった。

それなら苦味は水に流れ出していたわけだ。

しつこく流れ出させてしまえばいいのか?

と言うわけで、今日は塩で揉み そのまま水を張って暫く置いてみた。

1時間ほどすると 水は薄い緑色になり 舐めて見たら苦~い水になっていた。

さらにもう一度塩で揉み、また水を張って今度は2時間置く。

そして、もう一度・・・

結果として、「塩で揉んで水に漬け」を3回繰り返し 所要時間は5時間超(爆)

それでも生のままのゴーヤーは苦かったが、チャンプルーにしてみたところ かすかな苦味しか感じず、相方も食べた。

やったぜ ゴーヤー征服! ここまですれば苦くない。

って・・・邪道だわ。

苦味が命のゴーヤーを苦くないように食べるのってどうなんだろう?

実験のために収穫しないで見守った本館ゴーヤー日記のゴーヤー君は8月3日未明に爆発した。

Last

開花から1ヶ月と1日、黄色く色づきはじめてから3日。

朝一番で見たら半分は下に落ちて砕けていた。

爆発の音を楽しみにしていたが、爆睡していて気づかなかった。

オレンジ色になったゴーヤーは指の先で潰れるほど柔らかくなり ボツボツがポロポロと崩れ落ち 食べてみたら水分の抜けたリンゴのような粉っぽい食感で、苦味は無いものの他の何にもなりそうに無い。

種の周りの真っ赤なゼリーのような部分はさっぱりと甘く、種はカリカリだった(種だもの 笑)これは甘いけれど、すすんで食べたくは無いかな。

熟れすぎると苦味も減るが栄養も減るとか

苦味を我慢させて食べさせるか(食べないだろうけど) それとも苦味が減るまで待つか もしくは今回のように根性で苦味を抜くか。

ここまでして食べさせなくても良いような気もするが、植えてしまったゴーヤー 無駄にしたらバチが当たる。

そう、意地でも食べる!(と言うか食べさせる)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »