« しっこに追われて | トップページ | な~んちゃって猫服 »

2009年7月11日 (土)

しっこ その後

通院から4日目、ココのしっこは無事に出ている。

先ずは一安心。

とは言うものの、水分補給に追いかけられている。

ウエットを食べないココっちん いや、食べないと言うと語弊があるかなぁ?

一応食べる、ただしスプーンに一杯ほどで二杯目は断られる。

ずっとドライで育ったので、ウエットはおやつだと思っているらしい、おやつは少し食べれば 後は要らにゃ~い。

残ったものを冷蔵庫に入れて数時間後に出すとプイッとされる。

冷たいからと チンすると絶対食べない。

それならと 熱湯を足して室温にもどしても 要らにゃ~い。

結局は 開けたてに水増しでシャバシャバのおやつを食べて(飲んで)いるのみ。

缶詰は正味量が多く買えないのでなるべく量の少ない(40グラムの)パウチを買うが、それでもかなりのロスが出る。

2年前の膀胱炎の時には 片っ端からパウチを買ってきて食べさせた(飲ませた)結果、アレルギーでハゲが出来た。

今年はパウチを買うにも材料を確認している。

かと言ってドライをお湯でふやかしても、食べない。

自分のよだれで湿っただけでも食べない。

ドライはいつもカリカリでなければいけないらしい。

出しておくとすぐに湿気てしまうので、朝出したご飯は昼を過ぎると取り替えろと呼びに来る、したがってドライでもロスは多い。

先生は「飼い主さんはよくそう言うけど、おなかが空けば食べるよ~ 家の子なんか1日分を朝に一回やっておけば無くなるまでちゃんと食べるよ~」と言う。

いや、食べないよ。呼びに来てご飯の前で取り替えるまで待つもん。

わがままに育てたのかなぁ?

お留守番の時には朝のご飯を夕方まで食べてるわけだから やっぱり単にわがままなだけか?

それは、言われるままにご飯を取り替える母やんのせいか・・・

私のせいなら しょうがな~い(笑)

明日から先生が5日間の休診。気をつけなければ・・・

今、ココの鼻の頭がすりむけて赤くなっている。

Dscn2456

通院の時 キャリーの中で大暴れして網に突進した名誉(?)の負傷である。

2年前の膀胱炎での通院の際、今までのキャリーが小さくなったからと姉ちゃんが買ってくれたキャリーである。

右側の一面がファスナーで大きく開き、上部には出し入れのための窓が開く。

押し込むにもファスナーなので尻尾が残っても挟むことは無い。

ただし、広い分だけ中で暴れる。

P7110222

出かけるときに古い方と2つ並べて考えた。

2年前の通院でもこの大きいほうのキャリーで鼻の頭を擦りむいた。

四方が網で外が見え、中で方向変換が出来るために 突進したら出られるかと、クルクル回りながら網を鼻で力いっぱい押すのである。

かと言って、古い方のキャリーはプラスティックの蓋が上に開く形でココを入れるには難しい。

両手両足を精一杯広げて抵抗する、手を入れれば足が出る、足を入れれば手が出る。二本しかない私の手で四本の足と頭と長い尻尾をキャリーに押し込むのは至難の業である。

蓋を閉めようとすると長い尻尾を挟んでしまいそうになるし、尻尾を押し込もうと手を入れるとその隙間からまた頭を出す。

いつまで経っても蓋が出来ないし 押し込めても体が折れ曲がって窮屈そう。

で、結局新しく大きいほうのキャリーに押し込んで出かけたのだが・・・

玄関を出る時にはまるで虐待でもされているような大きな声で助けを呼ぶ。

2年前を覚えているのか?

車に乗ると信号1つ分は大騒ぎをする。(信号一ヶ所しかないけど 笑)

歩いても多分10分はかからないがこの大騒ぎを抱えて歩くのはちょっと・・・

自転車にしようかとも思ったが、キャリーが柔らかくて紐がかけられない。

しょうがない(もっともらしい理由を付けて)車にした。

到着まで信号待ちを入れて5分。

が・・・

ココっちん、病院に着いて車から降りるとぱったりと鳴かなくなる。

診察台に上がると借りてきた猫になる。

耳をつままれ、口をこじあけられ、腹を摑まれ、注射をされ、先生が何をしようと何も言わず私の肘の間に顔を突っ込んで固まっている。

採血も然り。

先生は「ココちゃんは おとなしいねぇ」と言ってくれるが、おとなしいわけでは無い。

臆病者なので 怖くて 怖くて 怖くて・・・・・

それで 固まってるだけだもの。

まったく内弁慶の小心者、どれだけの恐怖に耐えているか、考えれば可哀想である。

« しっこに追われて | トップページ | な~んちゃって猫服 »

」カテゴリの記事

コメント

病院きらいなのね~お鼻かわいそうに~
でも白滝でみて、かわいかったよ~
サキタマは我さきにかばんやら、センタクネットに入るかららくちんなのよ~車で病院行くんだけど、30分かかるんだけど、2匹で楽しそうなのよ。姉妹って心強いのね。
ココちゃんおだいじに~
バイキュ!

みひよさん ありがとう
暑いね~!

ココの鼻ねぇ、結構えぐれて瘡蓋になってる。
見ると笑っちゃうの、まったく臆病者でねぇ
車でたった5分なのに。
サキタマちゃん姉妹は一緒でいいよね。
ココもサンゴと一緒の時はこんなにビビリじゃなかったような気がするんだけど。
そうね、姉妹はいいわよ 人間もね~(^-^)y

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しっこに追われて | トップページ | な~んちゃって猫服 »