« ココに おニュー | トップページ | 大騒ぎだった空 »

2009年4月20日 (月)

代々木へ

4月18日、フィギュアスケートの国別対抗戦を観に代々木に出かけた

数日前から頭の中には山手線の駅名

シンジュク~ヨヨギ~ハラジュク~シブヤ~~♪が渦を巻いていた

私の中での行く先はヨヨギ~♪であった

前の日に地図を見たら あれっハラジュク?!

娘に「代々木の体育館って原宿なんだね」とメールをしたら あきれたように「そうよ 原宿よ!」と返事が来た

一時開場 二時開演  娘との待ち合わせは一時に原宿駅前

原宿駅には多分40分あれば着けるので12時ジャストのバスに乗れば余裕で着けるだろうと家を出た

が・・・バスが来ない 

一緒に待っていた若いお母さんに「バス 来ないわねぇ」と声をかけると7分遅れが出ていると教えてくれた

さっきから携帯をちらちら見ていたのはバス情報の確認だったらしい

結局8分遅れでバスが来て、駅到着は10分遅れ

ホームに着いたら今度は人身事故の影響で電車が遅れていた

娘には「今度は電車が遅れてる」とメールを入れる

帰ってきた返事は「原宿に着いたらメール頂戴」

とりあえず最初に来た副都心線の電車に乗る

各駅停車でも33分で渋谷に着くらしいが山手線で行くつもりでいたので降りる駅が分からない

この電車は明治通りの下を走っているのだから多分あの辺を通るだろうが、どこで降りればいいんだろうと駅名ボードを見ると「北参道」か「明治神宮前」らしい

どっちだ?   そこでおばちゃん考える

携帯で地図の検索をすると「明治神宮前」が表参道と明治通りの交差点の下らしい

娘には「明治神宮前」で降りるからとメールを入れると

「1番出口が体育館、2番出口が原宿駅 体育館前で待ち合わせでもいいよ」 と返事が来た

イヤイヤ原宿駅前でいいさ、迷子になっちゃうもの・・・

ということで「明治神宮前」で降り、出口を探すも分からない

分からないままJR駅方面の矢印にそって歩き出し2番出口を出たらなんと原宿駅前

凄いね地下道が出来てた、雨が降っても濡れないで歩ける!

それより凄いのは原宿駅前、人混みでごったがえしていて 小さいおばさんには人の背中しか見えない

娘に電話を入れ、自分のいるところを説明して来て貰う 自分が歩いて娘を探す自信は無いもの

しかし、便利な時代になったもんだ

携帯電話が無かったら、あの人混みでは会えなかったかもしれない

もっとも、携帯なんて待たない頃は待ち合わせの場所はきっちり決めて もしもの時には連絡が伝わるように中継点も決めておいた

今は適当に決めておいてその都度連絡すれば簡単に解決する

相手が遅れていても何かあったかと心配したりする必要も無く

自分が遅れそうでも相手に心配させることもなく

便利になってありがたいような 反面つまらないような・・・

そんな事をしつつも、さほどの遅れも無くドッキング完了

代々木の体育館前にはいくつかの出店でちょっとした食べ物や飲み物を売っていた

500ccのペットボトルが1本250円って高くないか?きっと氷代だね

2人で植え込みの縁に座り込み、しばし人間観察

ガードマンに囲まれて目の前を通り過ぎていった黒いスーツの伊藤みどりさん、思いのほか小柄でびっくりした

ひらひらの花模様のドレスに毛皮のボレロをはおり真っ赤なハイヒールを履いたおねえさんがいたり

上は帽子から下のスニーカーまで身に着けているものすべてが紫色のおばさんがいたり

娘の「お母さん、我々2人はこの石畳と同化してて、居ないも同然だねぇ」の言葉に妙に納得した

いやいや、世の中 目立たないが一番さ

初めて実際に見るフィギュアの大会はテレビで見る引きのシーンと同じ位の大きさだが、この2階席まで氷の削れる音が聞こえる

キョロキョロと見渡すと据付のテレビのカメラは7台、クレーンのカメラが1台 報道のカメラマンがた~くさん(数え切れない)

肝心のスケートは 技術的なことはルッツもトウループも見分けがつかないし 誰もみんなが素敵だった

練習に練習を重ねて競技に挑むのだろうが一瞬のバランスの狂いで転倒するのだから集中力と精神力はきっと想像も出来ない程なんだろうと思う

ただ・・・

選手紹介のアナウンスや観客の応援が偏ってる気がして、少しだけ寂しかったかな

贔屓の選手がお目当てなのは理解できるけど他の選手の時もちゃんと見ようよ

日本の選手に頑張って貰いたい気持ちも分かるけど外国の選手だってちゃんと応援しようよ

外国の選手にはやっぱりアウェーの空気は冷たいかも

まぁ国を背負って来る選手はそんな事を気にしちゃいられないのだろうけどね

そんな中、金はやっぱりUSA

日本は銅  めでたしめでたし

世の中色々進歩して便利にもなるし

電車移動にかかる時間は半分近くに短縮された

後は自分の頭がどこまでついていけるかが一番の問題である

たまには都会に出ないとなぁ~

« ココに おニュー | トップページ | 大騒ぎだった空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

一昔前までは携帯なんてなかったのに
今は持って出るのを忘れると、なんか不安な感じがしてして、
わざわざ取りに戻ったりしてしまいます。
お嬢さんと無事合流できてよかったですね。(*^_^*)

フィギュアスケート観戦、素敵~
母が大好きだったので、子供の頃とかよく見てました。
実際は、ものすごいスピードで滑っているのだろうなと思うのですが、如何でした?

nyaomaoさん
実際のスケートリンクは予想外に狭いもので、あの中でのスピードには驚きました 早かったですよ~
フェンスぎりぎりでのジャンプにもハラハラしました

お母様もお好きでしたか・・・
見ているだけなら美しい競技ですものねぇ

nyaomaoさんお疲れ出てませんか
お父様大丈夫ですか 気遣ってさしあげてくださいね

お久しぶりです~♪
怪しいやつ2を読んでひっくり返りそうになりました。
一人で大笑い。丸くてきれいになっている頭と、まだ知らないばあばさんのお顔を想像してました♪
ネコのオモチャはねぇ・・・おんなじです。
山ほどあります。一匹はだめでも、二匹だったら遊ぶのではと、それで用意してほぼ全滅。
一番遊ぶのが、玉子のパックの、ビーッと引っ張って開けた後の紐とは、トホホホ~♪

チャッケさん
頭丸いんだけどパンチパーマを想像しないでね~
もう少し柔らかい丸さでお願いします(笑)

猫のおもちゃは難しい
って言うか、変なものが好きよねぇ
夢中になって追いかけてると思ったらガムの銀紙だったりパンについてきたキンキラキンの針金だったり
そう! 玉子パックの紐も好き!

それでも懲りずに買ってくる(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ココに おニュー | トップページ | 大騒ぎだった空 »