« アラスカ日記 1日目 | トップページ | アラスカ日記 2日目夜 »

2009年1月28日 (水)

アラスカ日記 2日目昼

アラスカ2日目  朝?11時近くに起床

窓から見える遅~い朝日

21

とりあえず少しだけ腹ごしらえ、昨日買い込んだパンその他を広げる テーブルの上は食べ物が山と置かれちょっと恥ずかしくて見せられない クロワッサンの大きいこと

22

今日は夕方4時からチェナ温泉というところでのオーロラ鑑賞 夕食はついてくるそうなのでそれまでの時間をつぶそうとフェアバンクスのダウンタウンに出かけることにした

地図を片手にホテルを出てテクテクと歩き出す 確かダウンタウンまでは歩いて15分程のはず

おのぼりさんさながら あっちをキョロキョロ こっちをキョロキョロ

不思議な事に道には誰一人歩いてはいない

243

ちょっと素敵なお家を発見(ただの民家 笑)242

曲がり角を覗き込みながら歩く事約15分 ダウンタウンのメインストリートどころか道はだんだんと細く寂しくなってくる

しまいには「ここから先は入らないでね」なんて看板が立っていた

あ~~迷子だ・・・

今来た道を引き返し、とりあえず右に曲がってみる

歩いても店らしきものは一件も無い

道を聞こうにも人が歩いていない ここはどこ?

テクテクとどのくらい歩いたか 「本」と「ドーナツ」の看板を発見

通りの向こう側には「ピザ」も発見

店はこれだけか? ここはダウンタウンでは無さそうだ

仕方が無い「本」の看板をくぐってみる 本屋だ

本屋のお姉さんに持っていた地図を出し 聞いてみた

「Excuse me,  Where I am?」  お姉さん「Yes, Where We are? Huum・・・・」言い直されちまった そうか私1人だけじゃないからWe areか 

で、地図を指差し「Here」

ここ?! ここなの?

なんと、ホテルから北の方角にあるダウンタウンに行くつもりが西の端に来ていた

すぐ後ろの大きな通りが空港通りで今我々が歩いて来た道がターナー通りだって

どこに行くのかと聞かれたってもう遊んでる時間は無いもの ホテルの名前を言ったら 「じゃあ、そこの道を右に行って、ずっと歩いたら左に曲がると帰れるよ」って

今いるところが分かれば帰りは大丈夫、な~んにも無い町だけに高い建物は目立つから 近くに行けばホテルを見つけることは出来る(この時点で3時近く)

本屋を出て隣のドーナツの看板をくぐってみる

中には我々と同じ人種系のオーナーらしきおばちゃんが電話片手にお掃除中

我々を見ても電話を切る気配も無く、お掃除を止める気配も無い

ドーナツのケースには紙袋が無造作に置いてある 自分で取れってか?きっとそうなんだ

コーヒーも欲しい 

電話中だけど勝手に話しかけるもんね

「ドーナツは自分で持ってくるの?」と聞いたら頷いた「コーヒーは?」と聞いたら壁のメニューを指差して電話を切った

エスプレッソは2.4ドルらしい「エスプレッソ フォー」と言ったら「OK」と ここで初めてにっこり笑った

ドーナツとコーヒーを並べて一休みしたら3時半近く レジで料金を払うとき

「どこから来たの?」

「日本」

「東京?」(やっぱり言われた 有名なのね 東京ジャパン)

「ううん 埼玉」

「あらそう、私三沢にいた事があるのよ、弟は今沖縄にいるわ」

「そうなの~ 三沢も沖縄も私たちの住んでるところからは遠いわ」

「気をつけてね」

「うん、ありがと」なんて会話(多分ね、微妙なところはお互いに分からない 笑)

さて、帰らないと間に合わない

本屋で言われたとおり そこの道をまっすぐ歩いて約10分

左に曲がってホテル到着

後で確認したら 西側にあると思っていたホテルの入り口は実は南向きだった

そりゃあ南に向いた入り口を出て右に歩けば行く先は西だわ(大笑)

地図があれば大丈夫だと思っていたけれど、地図だけじゃなくコンパスも必要なのかも~

2日目昼の部は迷子話でおしまい

夜の部に続く

« アラスカ日記 1日目 | トップページ | アラスカ日記 2日目夜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

オォー! 一緒に歩いている気がしてきました♪
夜の部が楽しみです。
二日目もオーロラが見られたのかしらん、ワクワク(^-^)

チャッケさん
2日目もOKでした
写真は・・・やっぱりロクなものじゃありませんが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アラスカ日記 1日目 | トップページ | アラスカ日記 2日目夜 »