« そんな訳で | トップページ | アラスカ日記 2日目昼 »

2009年1月27日 (火)

アラスカ日記 1日目

1月20日

隣の駅に12時集合  12時30分発の高速リムジンで成田へ

成田発20時20分のフェアバンクス行き直行便でアラスカへ

12

フライトスクリーンのミッドウェー諸島の文字にミッドウェー海戦を思い出す、やっぱり歳だ

ふと、この下辺りに寛平ちゃんがヨットで走っているのかと思う

到着は20日朝8時55分のところ30分早く8時20分に着いた

入国審査を待つ間、今乗ってきた飛行機を窓から写す

時刻はもうすぐ朝の9時になろうとしているのに まるで夜明けすぐのような暗さ

10時を過ぎないと陽は登らないらしい

15

入国審査を待つ間、お茶を飲みお菓子を食べうろうろグダグダ

10時を過ぎ陽が登ってきた頃入国審査の順番がまわってきた

両手の指紋をとられる

先ず右手の人差し指から小指までの4本、次は親指

左手も同様、そして顔写真の撮影

こりゃあアメリカでも悪い事はできないぞ

全員が終わる頃には11時に近くなっていた

さて、これからホテルのチェックインの時間まで市内観光で時間をつぶす

やたらレトロなバスに乗せられ

16

凍った道路をひた走り

17 

先ずはアラスカ縦断石油パイプラインの見学

19

凍った樹木を横目に見ながら次はアラスカ山脈ビューポイント

111

アラスカ大学博物館で大きなじゃこう牛の剥製に会って

113

サンタクロースハウスへ

114

昼過ぎ、レストランにてサンドイッチとサラダにコーヒー これはツアー代金に含まれている

お酒を飲みたい人は自分で払って飲むんだって

そして、アメリカでのチップの説明

食事やタクシーでのチップは10%~15%

ホテルのベッドメイクには1人頭1ドルくらいを置くらしい

面倒くさ~い  忘れそう

ゴールデンハートパークのちょっと寂しいイルミネーション

115

中央左の協会は川の対岸、間の川は凍っていて冬の間は道路と化しているとの事

最後はショッピングセンターにて買い物一時間

買う物は明日から4日間の朝食のための食料、飲料

なぜなら、ホテルの朝食の時間が6時から9時までなので、夜中まで起きているオーロラ鑑賞のツアーではとても食べには行かれないから

そこで見つけたベビー衣料品のバーゲン 定価12ドルが60%引きで4.8ドル

そうなりゃ買うさ 孫のシャツ3枚(ここまで来て何買ってるんだか 笑)

ホテル到着は4時過ぎ

先ずチェックインと部屋割り、一休みして7時からオーロラについての説明会とレンタル防寒具の受け取り

説明会に出席するも眠い!

20日の朝起きて、夜飛行機に乗って、こちらに着いたらまた20日の朝で、すでに26時間以上起きたまま

説明なんか聞いても頭には入らない 何でもいいや~

レンタルの防寒着

116

117

確かに暖かそうだけど モコモコで靴は重いの重くないのって(重いの 笑)

さて夜10時、始めてのオーロラ鑑賞に出発

凍った道路をバスは90キロ近い速さで走っていく

山道を走る車はほとんど無く、もちろん人家なんてものも無く

時々出会うのはヘラ鹿やウサギだとか

着いたのはスキーランドと言うゲレンデのロッヂ

外に出ると寒い! 体は着るものを着ているので何とかなるが

目が痛い・鼻が痛い・頬が痛い(でも寒いのは好き)

外からロッヂに入ると眼鏡が一瞬で曇る

曇った眼鏡を拭いてみたら冷えたガラスに着いた水蒸気が凍って霜になっていた

今日の外気温は暖かく零下18度位との事 これで暖かいのか

天気は良好 で、オーロラはこんな感じ

118

119

120

さすがにデジ一を持って行く気にはなれずコンデジの手持ち

外の寒さと、出入りの温度差で誤作動を起こす(結果はOKだけど)

これ以上は無理 素手でカメラを持っている自分の手もこれで限界

明け方4時まで粘ってホテルには5時帰着

長~い1月20日がようやく終わった

続く

« そんな訳で | トップページ | アラスカ日記 2日目昼 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お帰りなさ~い。
ステキ、ステキ~。

すごい着膨れだ~(笑)

続き楽しみにしてます~。

祝! 夢の実現おめでとう♪
すっごいねぇ。着いた日からオーロラ(^-^)v
空気まで凍っているようで、津軽の寒さなんか目じゃないですね。
石油のパイプライン、おっかなくなかった?
旅の続きが楽しみです♪

タイピィさん
防寒着すごいでしょ、重いったらないの
レンタルに忙しいらしくてクリーニングなんぞ
してないから、かぶるときなんとなく香ってくるし(笑)
続き、頑張ります

チャッケさん
見てきましたよ極寒の国
石油のパイプラインは命のラインなんだって
一年住むと国から燃料費が数百万円支給されるんだって
暖房と車の燃料はまさに命がけの世界なのよね

原油獲得になりふりかまわないアメリカをちょっとだけ理解できましたよ
続き、頑張ります

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そんな訳で | トップページ | アラスカ日記 2日目昼 »