« アラスカ日記 3日目昼 | トップページ | アラスカ日記 4日目 »

2009年1月29日 (木)

アラスカ日記 3日目夜

5時にホテルに帰り着き ホテルの売店でお土産を物色しながら時間をつぶすが どれも欲しいような欲しくないような 

アラスカの特産品って鮭と子持ち昆布しかないんだって

チョコレートもたくさんあったけど ほとんどカナダ製だった

貧乏旅行でお土産は買わないと言ってきたから何も買わなくてもいいんだけど 自分の目が何か欲しい でも買わないも~ん

夜10時の出発に備えて少し横になる

10時 3日目のオーロラ鑑賞に出発

今日は1日目と同じスキーランドのロッヂ

前回と同じようにロッヂを出たり入ったりしながら光が強くなるのを待つ

暗い中で空を見上げていると 時々後ろからパシッと光が走る

始めのうちはカメラのフラッシュだと思っていた

オーロラ鑑賞のお約束で カメラのフラッシュは使用しないようにと言われていたが 中には使い慣れないカメラでフラッシュの止め方が分からず 光らせてしまう人もあったので きっと誰かのフラッシュだと思っていた

が・・・結構しつこく光る

写真に取れるようなオーロラなんか出てないのに何してるんだろう まったくもう と 振り返ってみるとロッヂの床下で何かが光っている

野次馬根性のおばちゃん なんだろうと見に行くと 床下の配線がショートして火花が飛んでいた と同時に 電線のビニールがチョロチョロと燃えている

あらららら こりゃまずいじゃん

日本語片言のドライバーさんを呼んで説明しようにも お互い片言でらちが開かない

とにかく来てくれと引っ張ってきたら 見たとたんに青くなって消化器を運んできた

駄目だよ消化器じゃ 電気だもの一度消しても火花はまた出る

彼は彼なりに何度も火が出るたびに消化器で消している その間にロッヂのお姉さんがオーナーに連絡をしたらしく数人が飛んできた 

とにかく 大きな火になる前に人間を移動して電気をとめて処置しなきゃ

乾燥してるから床に燃え移ったら大変よ~

と言うことで 全員荷物を持って下のロッヂに避難した

その後すぐにロッヂの電気は消え しばらくしてから もう大丈夫だからと呼び戻されたが しばらくのあいだ トイレの水は出ないし水道も出ない 復旧まで2時間くらいかかっただろうか

そんなこんなでオーロラはそっちのけで大騒ぎをした

このアクシデントは ある意味オーロラより面白かったかも

この日も鑑賞は夜中(朝か?)の4時まで

オーロラは空高くにあるにはあるが 前にも増して光が淡く とうとう力強い光のカーテンにはならなかった

昨日と同じカメラの設定ではまず光を捉えることもできないと思い また明るくしたら白っぽい

まぁ、しょうがない

で、 今日のオーロラ

311

312

これ以上の光にはならなかった

でも ちょっとしたアクシデントでドキドキしたから 

オッケー!

この日は観賞4時まで、ホテル帰着が5時 

風呂に入った後 このまま起きていて6時になったら朝食を食べに行ってみようかという話がまとまる

3日目終了 そろそろ疲れてきたが

まだ続く

« アラスカ日記 3日目昼 | トップページ | アラスカ日記 4日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アラスカ日記 3日目昼 | トップページ | アラスカ日記 4日目 »