« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の4件の記事

2008年12月29日 (月)

年内更新はここまで

鍋に使うミズナ

ココには大人気

食べる

Dscn1262

まだ食べる

Dscn1264

ミズナは頭の柔らかい葉が無くなって人間は残された茎を食べる

完全室内飼いだし 猫草も置いてないし まぁしょうがない(^-^)

そして猫華鏡の写真 イマイチもイマニも不満足なれど ヤモリは正月のおさんどんに専念のため 年内更新はここまで

新しい年が皆様にとって穏やかな明るい年になりますように

Dscn1268

Dscn1272

又来年~

2008年12月20日 (土)

島らっきょうとムカゴ

島らっきょうが届いた(今月初めの事だけど 笑)

仕事で沖縄に出かけた娘に頼んでおいた島らっきょう、出かける前は時期がどうだろうと話していたら、島らっきょうの収穫は12月から7月だそうでジャストなタイミングだった

Dscn0938

一束800円、値切ったら750円になったとか、あ~~ら あんた値切れるんだ!

大人になったのね~

ばらしてみたら一株に3~4本付いている

Dscn0944

付いてきた説明書には一本づつに分けて、洗わずに表面の皮を2~3枚むけと書いてある

皮?!  ラッキョウの皮って・・・?

何はともあれむいてみる  もともと細い島らっきょう 3枚も皮をむいたらなくなっちゃうなぁと、様子を見ながら1~2枚でやめておいた(ケチ?)

部屋中が葱の臭い

が・・・ 不思議な事に私の苦手なあの独特ならっきょうのにおいはしない

Dscn0949

もしかしたら、島らっきょうってこちらで言うエシャレットか?

葉の方もどこまで食べるものか分からないから適当に短くした

なんだか捨てる部分が多くなってもったいないが、しょうがないかな~と思いつつ、皮をむいた中(上の写真のゴミ)から柔らかそうな葉の部分だけより分けてベーコンと炒めてみたら立派な一品が出来た(葉っぱも漬ければよかったか)

ここでやっと洗って 先ずは塩漬け これで3日ほど置いて次はゆずポン酢に漬ける

1週間後出して 鰹節を乗せて食べてみたら 美味し~い!

美味しいけど根元に近い方がまだ漬かりきらなくて辛い

そうだ! 説明書に根元に切り込みを入れろって書いてあったっけ

まぁいいや、忘れちゃったんだもの しょうがないさ

それと、夏から気になっていた山芋のムカゴ

ついでだから書いておこうっと

ムカゴは洗って半分に切る(小さいと大変だけど)か、少し割れるくらいに潰すかして、同じように 塩で3日、その後好みでポン酢(ゆずポンやすだちポン酢がお勧め)に漬けると1週間で立派に漬物になる

これも エグミがとれて歯ごたえが残り美味しゅうございま~す

本当は皮をむければいいんだろうけど ムカゴの皮むきなんて半端じゃなく面倒くさい

皮をむかずにそのまま漬けると1ヶ月経っても漬からない

こんなにしてまで食べなくてもいいような気もするが・・・

炊き込みご飯・から炒りして醤油・ゆでて醤油 すべて挫折した

ムカゴに対する意地かも (ばかだな~ぢぶん 爆)

2008年12月16日 (火)

万華鏡

万華鏡、といってもテレイドスコープというものにハマっている

子供の頃おもちゃのちゃちい万華鏡を手にして際限なく変わっていく鏡の世界を不思議な気持ちで見ていた

今になればからくりは単純なもので・・・

ところが最近になってテレイドスコープなるものを見つけた

万華鏡は中の「具」の動きで曼荼羅模様を作り出すがテレイドは花や風景などを水晶球を通して鏡に映し出す

鏡の枚数や組み立て角度によって映し出される世界は曼荼羅だったり多角形だったりラジバンダリ(^-^)

あれこれと作り始めたものの奥が深い

鏡の幅を決めるにも三平方の定義やらピタゴラスの定義やらで計算しないと出てこない、そんなものすっかり忘れてたし・・・

まだこれぞと言うものはできていないが、まぁそのうち何とかなるだろう~

で、未完成ながら出来たもので覗いて見たのがこれ

Dscn1057

もう一枚

Dscn0458_2

どちらの写真もモデルは我が家のココである

スコープの筒を向けると何を思うのか逃げ回る

その逃げ回る猫を追い掛け回す我ながら変な婆ちゃんである

当然ながら水晶球は高額で買えないので、使っているのはガラスとアクリルである

やっと引越して キターッ!

おいでくださった皆様、お手数かけました

介護ブログからお気楽ブログの部分をこちらに移しました

まだ色々と不備はありますが

ハゲ猫と二人三脚でのんびりやっていこうと思います

よろしくお願いしま~す

        しばらくのあいだトップにおきます

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »