« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の5件の記事

2008年7月20日 (日)

老猫会 昼オフ 追記

行って来ました「猫だらけ展」

作品レポートはこちら

そして昨日は老猫会中心の昼オフも開催

moomamaさん Mintmama!さん ゆゆさん megmegさん Gloriaさん くろりこさん Nyakojoさん TAMIさん てれじあさん 猫の料理人さん ゆきままさん こだまさん 3月うさぎさん れこりんさん タイピィさん  MORIANNさん fu-zaさんそして私とで18人

お初にお目にかかる方、何度目かの方

お話できた方、出来なかった方

ありがとうございました。

それぞれが様々な猫生を抱えていたりして・・・

それでも想いは同じ、命あるものをいとおしいと言う心

オフ会集合写真は後ほどこの下にアップいたしますです

少し時間をくださいな

      追記の集合写真  やっとです

P7190076

皆様 お世話になりました 

2008年7月12日 (土)

おばちゃん旅行 2

続き

って言っても書くほどのものは何にも無い。 東照宮には行く気もないし(何度も観たんだもの)人ごみは疲れるし。

で、霧降高原まで行くことにした。

駅前からバスに乗りたいので時間を聞いたら、宿の前から霧降高原のマイクロバスツアーがあるという。朝9時にスタートで1時過ぎに駅で降ろしてもらえるとのこと、料金は1人2200円。路線バスは乗り放題1200円だが、一時間に一本くらいしかないとあちこち見ている余裕は無い。

解散が1時半なら時間的には丁度いい、それで駅前でお昼を食べて帰ってくればOK!  と言うことで2人分申し込んだ。

朝、宿の前からスタートしたのは我々2人だけを乗せたタクシー?! 平日だし天気は雨だし(朝だけね)で人数が集まらなかったらしい。そうなればコースも時間もマイペースでいける。

先ずは霧降高原、雨はやんでいた。 着くまでの間、運転手さんはガイドさながらにしゃべるしゃべる。 周りの木々の名前や花の名前、時には路側帯に車を止めて・・・

が、どこの出身なのか言葉が少しだけ難しくて・・・

霧の中の霧降高原

P7080059

黄色い花はニッコウキスゲ

P7080071s

間に白くみえるのはカラマツソウ

P7080067s

頂上キスゲ平(標高1600ちょっと)は当然霧の中

展望台だけど霧で周囲の展望無し!(大笑)

P7080065s

高原に咲いていた花たち

コメツツジ

P7080091s

ヨツバヒヨドリ

P7080072s

シモツケソウ

P7080101s

サラサドウダン

P7080087s

ツルアジサイ

P7080113s

盛りを過ぎたヤマボウシ

P7080111s

これはチダケサシかな~

P7080083s

この後、霧降の滝やら木工なんとかやらを回ってお昼前に終了。

駅近くの蕎麦屋でそばを食べ、近くの小さな喫茶店でコーヒーを飲みチーズケーキを食べ、この妙に美味しかったチーズケーキを買い込んで帰ってきた。

忘れてた!

7日に着いてすぐ行ったJR日光駅の貴賓室

左から一枚

P7070009s

右奥のドアの前から一枚

P7070008s

これで全部、スリッパは16足置いてあったけど赤い絨毯の上に16人が並んだら身動きできないくらいの広さだった。

行き当たりばったりのおばちゃん旅行

おしま~い!

2008年7月 9日 (水)

おばちゃん旅行 1

一年ぶりに温泉に行って来た。

去年の秋から計画をしていたものの、なかなか調整が付かないままに母が倒れ、一緒に行こうといっていた友人のお母さんが脳梗塞で手術をし、6月になってやっと2人ともが落ち着けたので計画を練り始め、夏休み前に何が何でも行こうと意を決して行ってきた。

条件は、温泉のお風呂がいいところ・あまり遠くないところ。

結局またここ、去年もここだった(笑)今年は歩きに行ったわけじゃないけど

P7080120s

朝はのんびり家を出て、東武日光着は12時36分。
宿の予約はしてあるが、他には何も決めていない。今回の目的はひたすら温泉。チェックインまで何をして時間をつぶすか。足の向くまま気の向くままふらふらと歩いて先ずはJR日光駅の貴賓室を観に向かう。どんなものかと期待していたが・・・「これだけ?」のものだった。(これはまた後日)

予約した宿まではバスで7分、多分歩いても20分位。時間はたっぷりあるのだからとフラフラ歩き出した。

通りすがりのお土産屋・木工細工屋・骨董品店等に片っ端から寄りこみ、お姉さんと話し込み、おばちゃんと冗談を言い、ふと気が付けば歩き始めてから3時間!

時刻は3時半をまわっていた。

もう前方には宿が見える。が・・・友人は近視で宿の看板がわからないと言う

「突き当たりにサラリーマン風の人が立ってるのは見える?」

「うん、見える」

「その人の隣に黄色い洋服の人が見える?」

「うん」

「その2人の頭の間の上の方に看板が見えてるんだよ」

「あ~、字は読めないけどあれなのね」

ふと道路の向こうを見ると小さな喫茶店がある。宿は確認できたからもう大丈夫

「コーヒー飲んでから行こうか」

「そうだね~」

で、道路を渡って喫茶店に入り、のんびりコーヒーを飲み、ママと植木話などしながら一休み

さて4時過ぎた、そろそろ宿でゆっくりしようと外へ出て歩き出す

「さっきの人、まだ立ってるよ」

「全然動いてないよね、何してんだろ」

「人形だったりしてね~」

「黄色い洋服の人は今度は座ってるよね」

「あれは人間だわ」

なんて会話で歩いて行くと、サラリーマン風の人が振り返った

「あら、動いたよ~」 「やだ、人間だったんだね~」

次の瞬間、2人ともこちらを向いて

「○○様でいらっしゃいますか?」と

あれ、我々を迎えに出ていてくれたのか、何で向こうの方向を見てたんだろう

そうか、東照宮の方向から来るかもしれないと思ったんだ

それにしても1時間以上立っててくれたの?!

あ~・・・そうと知ってりゃコーヒー飲まずに早く来たのに、ごめんね~

宿に入って先ずたまげたのは入り口の自動ドア、ドアいっぱいに真っ赤な六角形が描かれ中には大きく二文字

「開 運」

うわ~~!!!どうしよ~(大笑)
「開」と「運」が左右に開き

中に入ると これ  でかい!

P7070042s_2

ラウンジにはこれ  これもでかい!

P7070039s_2

そしてそして、売店を覗いてまたびっくり

P7070041s

並んでいるのは猫・猫・猫・・・・・

P7070031s

P7070033s

P7070034s

P7070036s

P7070037s

P7070032s

これ以外にも、数え切れないほどの猫グッズ

偶然とはいえ、猫だらけ  猫人間の友人と2人でどのくらいの時間見ていただろう(笑)

続きはまた・・・

2008年7月 4日 (金)

やっと・・・猫

今日の関東平野は暑かった!

ただいま夕方6時半、まだ部屋の温度計は34度である

おバカっ子のココっちん、PCの動画の猫の声に反応して探し回る

PCの画面は目に入らないのか?

母から少しだけ離れたかと思えば次はキュウリに気を取られ

今、やっと猫にも日が当たるようになった(^-^)

2008年7月 3日 (木)

罰当たりは遺伝か?

母が入居している施設で1Fを抜けてエレベーターに乗る時に奥のホールから聞こえてくる楽しそうな歌や笑い声。母は行かれないのだろうかと、このところちょっと気になっていた。

聞いてみたら答えはこうだ

「だってさぁ、ばかばかしいんだもの。年寄り相手みたいで、一緒に笑ってられないよ。三味線や小唄の先生が来ていたりもするけど下手でさぁ。だから行かないんだよ。まぁ誕生会は自分の時もあるだろうから付き合いで参加するけどね」 と。

行かれないんじゃなくて行かないのかぁ!

ばあちゃん、そりゃあ無いだろう。あんたも充分年寄りだよ、ここは老人ホーム!

ここが生活の場である以上、ここを楽しむ気持ちを持たないとこの先辛いよ。

やっぱり、私の罰当たりは母からの遺伝か? 待てよ、父からの遺伝でへそ曲がりもあるし・・・

頑固・へそ曲がり・罰当たり・・・・・

私はどうすりゃいいんだべ~

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »