« お知らせ | トップページ | 猫の畑 6.30 »

2008年6月24日 (火)

追われた日々

17日の突然の本入所で買い物やら手続きやらに追われ、やっと19日にほっとしたのもつかの間、20日朝から届いた梅25キロ。

あ~~そうだったぁ・・・3月に注文した南高梅、届くのは20日って書いてあったっけ。

到着した梅はまだ少し青く2日間ほど追熟が必要なようだったので様子を見ながら本格的始動は23日(昨日)のこと。

目の前にどっかりと並んだ梅25キロ

0620

梅干用に熟した梅は部屋中をいい香りで包んでくれる。先ずはなり口を一つずつ丁寧に取り除く。この作業に約1時間半。

06201

灰汁出しはいらないと書いてあるがやっぱりいつもの習慣で、しないと・・・

0622

3時間ほど水に漬け、この後また一つずつ水気をふき取りながら箱に戻し少し乾かす。このふき取り作業に2時間。

乾かしている間に容器の準備。

25キロの梅は20キロと5キロに分けて漬けるので三斗樽と一斗樽の用意。

前もって綺麗に洗っておいたので最終確認と消毒をする。

以前は30キロを1人で作っていたので四斗樽で漬けていたが干す作業が辛くなってだんだんと量が減り、今は5キロ分は漬けた状態で友人の家に嫁に出し、自分で干して貰っている。

消毒した容器にこれまた消毒したポリ袋を入れ、丁寧に塩をまぶした梅と塩でもんだ紫蘇を交互に重ねていく。ここが一番重要で時間も掛かる。この作業に約3時間。最後に焼酎をふりかけ樽ごとゴトゴト回して均したら消毒した重しを乗せて袋の口を閉じ完了!

梅干の漬け方には人それぞれ色々な方法があって面白いが、我が家では塩分を5%まで落として漬けるので梅と紫蘇は同時に仕込む。

カビの発生しない塩分濃度の安全圏は18%~20%、減塩でも10%といわれているらしい。我が家では5%まで落として漬けるようになってすでに15年以上になるが、カビの発生はあまり無い。

約800個の梅を処理して今はこんな状態。一晩ですっかり梅酢が上がった。

0623

この状態で、梅雨が明けて青空が続く土用まで眠って貰う。

梅を干すのはこの数年相方か娘になった。私自身は日に当たると溶けるので夏は出来るだけ外には出ない。

我が家の梅干
材料は
・梅(完熟)25キロ
・塩1250グラム
・赤ちりめん紫蘇12束
・焼酎(35度)1750cc

もうそろそろ止めてもいいかとは思っているが・・・

« お知らせ | トップページ | 猫の畑 6.30 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どひぇ~~~。
梅干屋さんはじめた方がいいよ~(笑)
そうそう、5%の減塩は素人には難しいと効いたことがある。
去年、いただいて口にした梅干は5%の減塩だったのね、どうりで美味しいと思った(^^)v
プロだわ。
ばあば様ブランドで売るべし!!(笑)

今年はじめて青梅を買って家で完熟させたの。
桃みたいなと~ってもいい香りがした。
私はこれから梅ドレッシングにチャレンジ(^m^)

タイピィさん、こんち~
桃チン大変だったね、お疲れ様。
あはは・・・梅干屋はヤダよ~(笑)
梅干し婆ちゃんが梅干屋って笑えるけどさ。

いい香りがするよね~梅って完熟しても食べちゃいけないのかしら?
梅ドレッシングって?
後で見せてね(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お知らせ | トップページ | 猫の畑 6.30 »